『ティガレックス亜種』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 ティガレックス亜種
【種族】 飛竜種
【別名】 黒轟竜
【弱点属性】 火(×)、水(◎)、雷(〇)、氷(△)、龍(△)
【破壊できる部位】 頭、前脚、尻尾
【出現エリア】 導きの地

[csshop service=”rakuten” keyword=”ティガレックス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

主に火山帯を中心とした焦熱地帯で目撃される、轟竜ティガレックスの亜種。

黒褐色の外殻を持つことから《黒轟竜》と通称され、「黒虎」「黒き破壊者」などの異名で恐れられる。

その色合いは発見当初から火山灰や火山活動によって砕けた鉱石の粉が全身に付着したことによるものと考えられていたが、近年の研究によりマグマなどが発する高温によって本来の甲殻と結合し、桁外れなまでの高い強度を獲得するに至っていることが判明している。

また、黒味の色合いが個体によって違っているという報告も存在する。

通常種をも上回る極めて凶暴な性格の持ち主とされ、鉢合わせした通常種に何の躊躇いも無く襲い掛かったという報告もある。

獲物や外敵を確認すると力の限り暴れ狂う性質を持ち、半ば常に暴走しているかのような暴れ様のためにエネルギーの消耗が激しく、それを補うために捕食の頻度も上がっている。

通常種と同様に、興奮状態に入ると頭部や前脚などの血流が増加して赤く染まる。

通常種とは異なり寒冷地域にまで出没した例は確認されていない。

これはエネルギーの消耗の激しさ故に寒さに弱く、体温を維持するだけで精一杯になってしまうためであると考えられている。

裏を返せば、気温の高い地域ではエネルギーを全て攻撃に転用できるということであり、そのような場所であれば通常種をも凌駕する運動能力を発揮できるのである。

なお、夜間の砂漠地帯のような一時的な寒さならそれほど問題ではないらしく、獲物を求めて積極的に活動する姿が目撃される場合もある。

驚異的な心肺機能を持ち、特に興奮時には轟竜の異名で知られる通常種のそれをもはるかに超越した大音量の咆哮を発する。

その大気が震えるどころか張り裂けんばかりの凄まじい咆哮を、ハンターズギルドでは『大咆哮』と呼び、多くのハンターから黒轟竜を象徴する必殺技として恐れられている。

さらに近年ではこの大咆哮を応用し、音圧による衝撃波をブレス攻撃の如く直線状に放射するという旧来のティガレックス種の常識を超えた技を身に着けた個体が確認されている。

鋭く尖っている爪は甲殻同様漆黒に染まっており、通常種の爪以上の切れ味を誇る。

引き裂いた獲物の数だけその黒色は深みを増すと言われ、その餌食となったものは爪痕すら残す事無く撃砕されてしまうという。

鈍く光る牙は通常種のそれよりも更に鋭くなっており、獲物の頑丈な甲殻でさえ容易く砕いてしまう。

猛悪な行動力にも耐える鱗や甲殻も含め、どの素材も加工が非常に困難だが、それを乗り越えて製作された武具は破壊と暴虐の限りを尽くす黒轟竜をも制した証であり、巨竜ですらも恐怖に震える暴力的なまでの覇気を纏うという。

記事の引用元はここをクリック

ティガレックス亜種(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ティガレックス亜種(最新無料動画はここをクリック)】