『ディアブロス亜種』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 ディアブロス亜種
【種族】 飛竜種
【別名】 黒角竜
【歴戦個体】 危険度Ⅱ(HR30以上)
【弱点属性】 火(×)、水(〇)、雷(△)、氷(◎)、龍(×)
【破壊できる部位】 角、背中、尻尾
【出現エリア】 大蟻塚の荒地

[csshop service=”rakuten” keyword=”ディアブロス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

その危険性から「死神」とまで称される、漆黒の外殻に身を包んだ角竜ディアブロス。

厳密には産卵前後に自分の危険性を周囲の生物に知らしめるために警告色として黒く染まった雌の個体であり、生物学的な亜種ではない。

状況ゆえに平常時よりも警戒意識・縄張り意識が更に強く、それに由来する平常時とは段違いの気性の荒さと戦闘力を持つことから、ハンターズギルドでは亜種と表現し、《黒角竜》の通称で雄個体や平常時と区別している。

その戦闘力の高さから、生態系の破壊者たるイビルジョーを返り討ちにすることもあり、中でも数々の死線を潜り抜けた歴戦の個体ともなれば、古龍種に匹敵する危険性をもつという。

繁殖期になるとつがいと見られる2頭のディアブロスが同じ縄張りで確認されることが頻繁にあるが、あくまで同じ領域内にいるのを許すといった程度の仲であり、リオス種のように互いを気遣うような睦まじさは見られない。

それどころか、相手が必要以上に縄張りに鎮座しようものなら排撃に打って出る場合もあり、時には角竜最大の特徴であり、命とも言える角を折り取るまで攻撃を続けるという。

通常種に輪をかけて凶暴になった気性と強固な角を活かした突進は、「死の宣告」そのものと言えるほどの威力を誇り、熟練ハンターでも命の保証はない。

歴戦の強者たる強靭な個体は、地中突進を回避した敵に向かって即座に突進を繰り出して追撃するなど、一筋縄ではいかない。

また、地中潜行の際に大地を揺るがすことで外敵の体勢を崩し、その隙に地中から飛び出すことで敵を串刺しにするという一撃必殺の大技も有する。

新大陸古龍調査団の調査に因って、新大陸での生息も確認されており、そしてその報告から、ディアブロス亜種の警告色には然程地域差が存在しないとされている。

地中からの飛び掛かりや、ハンターの様子を窺った後に突如として突進するなど、新大陸の通常種よりも更に戦いに長けており、特に構えを取り力を溜めた後に繰り出される突進は、通常のものよりも桁違いの威力を誇る他、確実に触れたハンターを昏倒させるため、普段以上に行動を見極める事が重要とされている。

その外殻には通常種のものとは異なる成分が含まれており、その成分のために砂漠の熱風や砂嵐にいくら晒されようとも決して劣化しない程の強度を誇る。

なお、その素材から作られた武器には黒角竜の荒々しい怒気が宿り、持ち主は常に傍に黒角竜がいるかのような錯覚を覚え、その殺意に心を塗り潰されるという。

記事の引用元はここをクリック

ディアブロス亜種(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ディアブロス亜種(最新無料動画はここをクリック)】