『パオウルムー亜種』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 パオウルムー亜種
【種族】 飛竜種
【別名】 浮眠竜
【弱点属性】 火(〇)、水(◎)、雷(△)、氷(△)、龍(×)
【破壊できる部位】 頸袋、翼、背中、尻尾
【出現エリア】 古代樹の森、大蟻塚の荒地

[csshop service=”rakuten” keyword=”パオウルムー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

印象的な外観を持つ小柄な飛竜種、パオウルムーの亜種。

強力な呼気や吸気を特徴とするだけでなく、口からは大量の睡眠ガスを放つ。

新大陸古龍調査団では、この飛竜を≪浮眠竜≫の別名で呼称している。

通常のパオウルムーは白を基調とした体毛で全身を覆われているが、亜種は宵闇を連想させる黒色の体毛と甲殻がほぼ全身を覆っており、通常種と真逆の印象を受ける。

左右の首筋には明るい色の模様が線状に入っているように見えるが、この模様の全容は、気球のように首を膨らませた状態において視認できる。

膨らんだ状態の首では、顔を挟んで左右対称な位置に巨大な円状の模様として展開される。

頭部ほどの大きさになったこの丸い模様は、正面からみると鳥の目を連想させるものとなり、茜色に染まった部分は虹彩を、暗い黒色の部分は瞳孔をそれぞれ想起させる。

「陸珊瑚の台地」の環境に適応し、陸珊瑚が産んだ卵を主食としている通常種に対し、パオウルムー亜種は大蟻塚の荒地など陸珊瑚が生えていない環境に飛来する事が判明している。

外敵に遭遇すると即座に空気を吸い、あっという間に首に空気を充填して浮上する。

通常種は強力な吸気と呼気によって翻弄しながら攻撃するが、亜種は吐き出す空気に睡眠ガスを混ぜ込み、外敵を眠らせてから強烈な攻撃を加える生態を有する。

口からブレスとして吐き出す他、首を縮小させる勢いで大量のガスを一気に吐き出す行動もみられる。

また、吐き出された睡眠ガスはすぐには霧散せず、ある程度周囲に残留しつづける。

この睡眠ガスはパオウルムー亜種の行動によって煽られることで位置が変わるほか、猛烈な吸気によって周囲のガスが一気に吸い寄せられ、パオウルムー亜種のまわりに漂う事がある。

通常種が有するゴム質の尻尾の扱いにも長けており、眠気を誘われ、動きが鈍った外敵に対して上空から尻尾ごと突っ込み、突き刺すような一打を与える。

また、首を膨らませた状態で素早く連続して息を吐き出す行動もみられ、これによって穴が開いた風船のように荒々しい軌道で飛び回るといった荒業も行う。

記事の引用元はここをクリック

パオウルムー亜種(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【パオウルムー亜種(最新無料動画はここをクリック)】