『リオレイア』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 リオレイア
【種族】 飛竜種
【別名】 雌火竜
【歴戦個体】 危険度Ⅰ(HR13以上)
【弱点属性】 火(×)、水(△)、雷(〇)、氷(△)、龍(◎)
【破壊できる部位】 頭、翼、背中、尻尾
【出現エリア】 大蟻塚の荒地、古代樹の森

[csshop service=”rakuten” keyword=”リオレイア” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

緑の甲殻に身を包む、《火竜》とも呼ばれる飛竜リオスの雌。

雄個体であるリオレウスとは身体的特徴、および得意とする戦法に大きな違いが認められることから、ハンターズギルドではリオレウスと区別を明確にするため《雌火竜》と呼ばれる事が多い。

世界的に見ても広範囲に分布しており、リオレウスと共に最も名を知られた飛竜である。

現大陸では主にドンドルマより東の地方に生息しており、繁殖期が近付くとリオレウスの生息域に飛来する事もある。

主に単独で行動しているようだが、一部ではつがいで狩りをする姿も目撃されており、その際はまるでお互いに連繋を取るかのような行動も見せると言われている。

また、近年では乾燥地帯や高山地帯、古龍の渡り先である新大陸などでも確認されている。

リオレウスが飛竜種の中でも指折りの飛行能力を持つ事から「空の王者」と呼ばれるのに対し、リオレイアは強靭な脚力を有し、地上を中心に狩りを行う事から「陸の女王」の異名を取る。

脚力を活かした突進で獲物を薙ぎ倒し、その勢いのまま食らいつくようにして仕留める戦法を好むが、ディアブロスなどの地上適応型の大型飛竜と比較しても地上における制御力に優れ、突進を回避された場合は瞬時に体勢を立て直し、再び獲物目掛けて襲い掛かる。

最大の武器である尻尾には無数の棘が生えており、この先から強力な毒を分泌する。

狩りの際はその猛毒の棘が付いた尾を振り回して相手を殴打する他、凄まじい脚力を駆使して宙返りを行い、尻尾の毒棘を敵に突き刺す技も見せる。

また、ブレスの危険度についてはリオレウスをも凌駕しており、地上での3連射を可能とするほか、『高出力火炎ブレス』と呼ばれる、通常よりも強力な火炎ブレスを吐くことができる。

このブレスは着弾ののち広範囲に炎を拡散させる性質を持ち、前方一帯を火の海と化す。

オーソドックスな戦闘方法を持ち、大型飛竜種の中では比較的凶暴性が低いことから、一般的に総合的な危険度はリオレウスに比べれば低いとされるものの、基本的にはまだ経験の浅いハンターが戦いを挑んで良い相手ではない。

ただ、極めて稀に未成熟個体が新米ハンター向けの比較的簡単なクエストとして提示される場合もある。

番で子育てをする習性があり、専らリオレイアは子育てと食料確保を仕事としている。

顎の棘が授乳器の役割を持っており、この棘は内部が空洞になっていて、咀嚼した獲物の肉を先端から出す事で幼竜を育てる。

ある程度歯や消化器官が発達した幼竜には、肉を棘に引っかけて食べさせるようだ。

新大陸に生息している個体には単独で大蟻塚の荒地に営巣し子育てをしているものも確認されている。

これらの個体は一夫多妻制における側室にあたるものと考えられており、正室にあたる個体のみが古代樹の森で従来通りリオレウスと共同生活を送る。

同種であるリオレウスと共通した素材が得られる事もあるが、緑色の映える鱗や甲殻、毒性の強い棘など、リオレイアからしか入手できない素材も少なくはない。

これらの素材を活かした武具は陸を制する女王の覇気と気品を秘め、灼熱の業火に晒されても焦げ目一つ付かず、むしろ炎の中でこそその美しさは際立つとも言われている。

また、リオス種の肉や卵は非常に美味しく栄養価も高い、一種の高級食材としても知られている。

特に卵に関してはギルドにも度々納品依頼が寄せられるほどであるが、入手には相当な危険が伴うため、比較的高額な報酬金が約束される。

記事の引用元はここをクリック

リオレイア(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リオレイア(最新無料動画はここをクリック)】