『リオレウス』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 リオレウス
【種族】 飛竜種
【別名】 火竜、雄火竜
【歴戦個体】 危険度Ⅱ(HR30以上)
【弱点属性】 火(×)、水(△)、雷(〇)、氷(△)、龍(◎)
【破壊できる部位】 頭、翼、背中、尻尾
【出現エリア】 古代樹の森、龍結晶の地

[csshop service=”rakuten” keyword=”リオレウス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

赤い甲殻に身を包む、《火竜》とも呼ばれる飛竜リオスの雄。

数多く確認されている飛竜の中でもとりわけ優れた飛行能力を持つ事から「天空の王者」「大空の王」などの異名でも知られ、加えて戦闘力や狂暴性なども高く、その総合的な危険度の高さから「飛竜の王」とも謳われる。

番で子育てをする習性があり、雄であるリオレウスは縄張りの見回りと侵入者の排除を仕事としている。

雌の個体は緑色の外殻を持つほか、一部の生態や得意とする戦法なども異なる事から、雌火竜リオレイアと呼ばれ、殆どのギルドで明確に区別されている。

リオレウスを強調する場合は《雄火竜》と呼ぶ場合もある。

体内に「火炎袋」と呼ばれる内臓器官を持ち、ここで作りだした炎の塊を吐き出して外敵を攻撃する。

《火竜》という別称はこの火炎ブレスから付けられたものである。

このブレスは着弾と同時に爆発し、凄まじい炎熱と爆風で以てあらゆるものを破壊し、一瞬のうちに内部まで焼き焦がすほどの凶悪な威力を誇る。

あまりの熱量のため、発射の際に自らの喉をも焼き払ってしまうほどだが、リオレウス自身が備える驚異的な再生能力により、焼けた喉は瞬く間に回復してしまうという。

また、ブレスを発射する際の反動を利用して上空へ飛び上がる、口内に焔を燻らせながら薙ぐように噛みつくことで前方広範囲に爆炎を発生させるなど、火炎袋に宿す可燃性の粉塵を駆使した様々な戦法を扱う。

全身の耐熱性や耐火性も極めて優れており、高温の環境下で長時間活動できるばかりか灼熱の溶岩の上を歩行することも可能。

空の王者の名が示す通り、地上での活動を主とするリオレイアとは異なり、専ら大空を飛びながら獲物を探す。

強靭な個体ならば丸三日休む事無く飛行することも可能であるという報告もある。

狩猟時や侵入者を排除する際は空中から奇襲攻撃を仕掛ける戦法をとることが多く、その攻撃は飛行中の小鳥を空中で捕らえるほどの精密さも兼ね備えているという。

また、岩石にも突き刺さる鋭い脚の爪には出血性の猛毒が分泌されており、空中から体重を乗せて蹴りつける事で獲物の肉を深く抉り、同時に毒を注入して一撃の下に沈める。

仕留めた獲物をその場で捕食する事もあるが、時には後ろ足で掴んだまま空へ飛び上がり、巣まで運び去る場合もある。

成体のアプトノスをも苦も無く持ち上げて大空を飛んで行く様は圧巻。

また、小柄な獲物を器用に捕まえてそのまま咬み付いたり、暴れる外敵を掴んだまま空へ飛び上がり、高所から投げ落とすという戦法を用いる個体も確認されている。

高い飛行能力を補佐するため、視力はかなり発達しており、遥か上空から獲物やテリトリーへの侵入者を発見することができる。

しかし、その視力の良さ故に飛行中に強い閃光を浴びると、平衡感覚を失い墜落してしまう一面もある。

外敵と対峙する場合、時折尻尾を振り回しながら唸り声をあげて威嚇する。

尻尾の側面からは巨大な棘が生えており、リオレイアの棘や本種の爪のような毒性は持たないが、単純な殺傷力で言えばむしろそれ等と同等以上に危険。

また、外敵を発見した際や興奮状態に突入する瞬間、翼を大きく広げながら咆哮する習性がある。

その音量と迫力は熟練のハンターでも思わず竦み上がってしまうほどに圧倒的。

興奮時には口元から炎を燻らせ、外敵に対してより苛烈な攻撃を仕掛ける。

世界的に見ても広範囲に分布しており、リオレイアと共に最も名を知られた飛竜である。

アルコリス地方の森と丘のような緑豊かな地、ラティオ活火山のような灼熱地帯、シキ国の天空山のような高山地帯まで生息する環境も幅広い。

新大陸古龍調査団が調査のために滞在している「新大陸」においては、古代樹の森の”主”として生態系の頂点に君臨しており、獲物を追って縄張りに侵入して来たアンジャナフをほぼ一方的に叩きのめして追い返す姿も確認されている。

基本的にはリオレイアとは生息域を隔てており、繁殖期になると互いの生息域へ飛来する事がある。

飛竜種でも特に高い飛行能力のため、本来は生息していないはずの地域に突如として飛来する事もあり、そのような理由もあって目撃情報は多く、危険度も高い。

モンスターとしての狂暴性や危険性は高く、新米ハンターにはとてもではないが太刀打ちできるような存在ではない。

しかし、その知名度の高さや狩猟の難易度から、一種の憧れを集めるモンスターでもある。

その素材から作られる武具は、ハンターにとっては王冠に比肩する価値を持つとも言われ、リオレウスの狩猟を一つの目標とする駆け出しのハンターも多い。

村の子供たちが「リオレウスごっこ」なる遊びに躍起になっていたりする点も、リオレウスの知名度の高さ故と言えるだろう。

また、リオレウスのブレスで燻した酒樽で作られた「レウスウィスキー」は名品として知られている。

肉や一部の部位も食材としての需要があり非常に美味であるが、市場に出回るのは稀であり、入手できても元々リオレウス自身が備えている耐火性もあって一般的な火力での調理は難しい。

このような点から人々には恐れられながらも慕われている存在と言え、時には数多く存在するモンスター全ての代名詞、または自然の象徴としての扱いを受けることもある。

記事の引用元はここをクリック

リオレウス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リオレウス(最新無料動画はここをクリック)】