『リオレウス希少種』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 リオレウス希少種
【種族】 飛竜種
【別名】 銀火竜
【弱点属性】 火(×)、水(◎)、雷(〇)、氷(△)、龍(×)
【破壊できる部位】 頭、背中、翼、尻尾
【出現エリア】 導きの地

[csshop service=”rakuten” keyword=”リオレウス” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

火竜リオレウスの特殊な亜種で、希少種と呼ばれるモンスター。

金属質の光沢を放つ白銀の外殻を持ち、ハンターズギルドでは「銀火竜」と通称される。

限られた地域でのみ極めて稀に確認され、発見例はあまりに少ない。

一流のハンターでも相対した者は少ないことから、伝説的な存在とされている。

自然界でも特異な体色を「天より授けられた」と考え、神格化する者も存在するという。

その素材は何れもが月のように静かで冷たい輝きを放ち、その美しさの価値は本物の銀ですら比べ物にならないという。

特に上質なものであれば、例え鱗の一枚であっても取引価格は宝飾品に匹敵する。

また、銀火竜の素材を用いた防具に関しても半ば伝説と化しており、燃え盛る太陽を形容し、シルバーソルという名称で崇められている。

時にはリオレウス希少種そのものが「白銀の太陽」に例えられることもある。

この特異な体色の由来については、飛竜の祖となる存在から脈々と受け継がれている遺伝子が突然変異を起こし、それが体現した結果という説が有力である。

フォンロンの古塔及びその秘境での目撃情報が最も多く、彼らの寝床ないし巣であるとされる。

時には獲物を求めて塔を離れ、周辺の湿地帯やユクモ地方の渓流地帯まで遠征することもある。

時折金色の外殻を持つリオレイア希少種と行動を共にしている場面が見られ、希少種同士でつがいとなっている可能性を指摘する声もある。

また、蒼い外殻を持つリオレウス亜種と同じ場所にいる場面が確認されたこともある。

これ以上の詳しい生態については不明な点が多く、リオレイア希少種と共に研究はほとんど進んでいない。

しかしその戦闘力と狂暴性は飛竜種の中でも飛び抜けており、あるいは古龍種に迫るとも言われる。

また、その出現自体は一種の凶事ともされており、人里付近に銀火竜が姿を見せるとギルドをも巻き込んだ大混乱を招く恐れもある。

それ故に希少種の狩猟はギルドの中でも特に優秀な実績を上げたハンターにのみ通達され、特務として人知れず処理される場合もあると噂されている。

記事の引用元はここをクリック

リオレウス希少種(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リオレウス希少種(最新無料動画はここをクリック)】