『レイギエナ』(モンスターハンターワールド アイスボーン)の動画を楽しもう!

【名前】 レイギエナ
【種族】 飛竜種
【別名】 風漂竜
【歴戦個体】 危険度Ⅱ(HR30以上)
【弱点属性】 火(〇)、水(△)、雷(◎)、氷(×)、龍(△)
【破壊できる部位】 頭、翼、背中、尻尾
【出現エリア】 陸珊瑚の台地

[csshop service=”rakuten” keyword=”レイギエナ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

新大陸の高地に広がる陸珊瑚の台地に生息する大型の飛竜種。

同地の生態系の頂点に座す”主”であり、高台から縄張りであるフィールド全体を見据え、獲物や侵入者を発見するや積極的に襲い掛かる。

強風の中でもまるで漂うかのように優雅に飛行する姿から《風漂竜》との別名でも呼ばれる。

陸珊瑚の台地は激しい高低差や「湧昇風」と呼ばれる特殊な上昇気流が特徴的な地であり、レイギエナはそのような環境に適応するため、飛行能力に特化する進化を選んだ飛竜である。

しかし、リオレウスをはじめとする他の飛行能力特化型の飛竜とは、「翼」よりも「翼膜」を重点的に進化させたという点で大きく異なる。

レイギエナの翼は一般的な「長く伸びた骨の間に皮膜を張っている」構造ではなく、「非常に大きな飛膜の中心に骨が通っている」と言った方が正しく見える形態であり、更には翼のみならず、頭部や尻尾にまで翼膜を発達させている。

陸上で行動する際にはこれ等の翼膜は畳まれている(頭部や尻尾の翼膜は格納も可能)が、いざ飛翔する際には一斉に広げられる。

その巨大な翼膜を駆使して周囲の気流を的確に捉え、他の生物には真似できないほどの急制動や長時間のホバリング、空中での宙返り、極めつけは錐揉み回転しながらの突撃といった非常にアクロバティックな飛行をも可能としている。

体格は飛竜種の中でも比較的細身であるが、全ての翼膜を限界まで広げたレイギエナは非常に大きく見え、その身体や翼膜の色合いもあって白く美しい花弁を想起させる。

特徴的な翼膜によって鋭く飛ぶ様子はリオレウスなどとはまた違った進化であり、生物学者からは感嘆の声も聞かれ、「華麗なるハンター」と称されることもある。

主にラフィノスを主食とする肉食性で、冷気や鋭い後脚の爪などを用いてラフィノスを襲撃する。

ちなみに捕食の頻度はおよそ一日に一回、時間帯的にはほとんどが朝方に限られる(激しい戦闘などにより体力を消耗した場合はその限りではない)。

これは一日の大半を縄張りの見張りや巡回などに充てるためと、食事による自重の変動を可能な限り減らし、より素早い飛行を可能とするためと考えられている。

地面や陸珊瑚などに脚の爪痕を残しながら縄張りを巡回する習性を持つが、これは外敵に対して自身の縄張りをアピールすると同時に武器である爪の手入れも兼ねている。

体内の「氷結袋」から大気や物質に含まれる水分と反応して凍り付く液状の物質を生成する。

しかし、その物質や冷気のエネルギーをブレス攻撃などに利用して使用したりはしない。

その代わりにレイギエナの全身には青く輝く「分泌腺」と呼ばれる器官が発達しており、この分泌腺から氷結物質を直接体外へ放出して冷気を発生させ、それを翼や尻尾を振り抜く勢いやそれによって生じる風圧に乗せて対象へ叩きつけるという独自の戦法を用いる。

その冷気は大気や地面が一瞬で凍り付くほど強力なものであり、獲物の確保や外敵との戦闘においては強力な武器となる。

冷気に弱い防具などを着込んでいれば、屈強なハンターでも瞬く間に体力を奪われかねない。

また、時に地面を叩き割るほどの威力を発揮する強靭な尻尾や、短いながらも自分とほぼ同等クラスの体格を誇る飛竜をも捕らえ、投げ飛ばせる後脚も脅威となる。

その戦闘力は陸珊瑚の台地の主として君臨するに相応しいものと言えよう。

しかし、レイギエナは進化の過程であまりにも空中戦に特化しすぎており、その弊害として地上戦は不得手という弱点も持っている。

また、卓越した飛行能力は翼膜と強風によって支えられているため、外敵からの攻撃などによって翼膜に大きなダメージを負うと、空中での制動に支障を来し始める。

飛行能力を補佐するために視力が発達しており、それ故に強い閃光などによる目晦ましにも弱い。

一度飛翔されれば非常に厄介な相手であるため、以上のような弱点を突き、可能な限りレイギエナの長所を潰していく事が狩猟においてのセオリーとなる。

なお、生態研究により毒などにより体調が急変した場合にも挙動に支障を来す事が確認されており、ハンターズギルドや新大陸古龍調査団では毒投げナイフなどの活用も推奨している。

レイギエナは本来陸珊瑚の台地の環境に特化したモンスターであり、三期団による長年の調査の中では渡りを行う習性などは確認されてこなかった。

しかし、五期団によって古龍渡りの謎が解明された後、新大陸の生態系に変化が発生。

レイギエナが大群を成して当時未発見の新天地「渡りの凍て地」へと大移動した事例が確認された。

冷風吹き荒れる凍て地の環境でも活動が確認されている他、寒冷地に適応した個体も発見されている。

このような個体は「凍て刺すレイギエナ」として呼び分けられている。

薄らと蒼色の差した鱗や外皮などを利用した装備は風の流れを制する者の証と称され、風漂竜の恩恵を感じさせると共に凛とした気品や静かな威厳を併せ持つ。

しかし、その美しさの中には背筋も凍り付くような殺意が隠されており、研ぎ澄まされた武器による一撃は鋭い冷気と共に仇なす者を即座に斬り伏せるという。

記事の引用元はここをクリック

レイギエナ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【レイギエナ(最新無料動画はここをクリック)】