『北上』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.020 北上(きたかみ) 球磨型 3番艦 軽巡洋艦 声優:大坪由佳
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
25 14 / 39 10 / 29 24 / 79 36 / 69 13 / 49 0
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
19 / 59 高速 8 / 39 15 / 69 25 25
図鑑説明
球磨型軽巡洋艦の3番艦、北上だよー。
んあ?そう、大井っちとは親友。
酸素魚雷を打ちまくる重雷装巡洋艦にステップアップできるってさ。
やってみる?

[csshop service=”rakuten” keyword=”北上 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

本艦は、基本的には平均的な軽巡洋艦である。

しかし、早熟かつ極めて強い艦種へと進化する(しかもその中で最強格)、初めて迎えた場合は、安易に解体したり近代化改修素材として使用するのは極力控えよう。

1-1でも稀だがドロップする。

レベル10の時点で最初の改装が可能となりその時点で格段に強くなる。

更に改装すると恐ろしい実力の艦娘へと変貌する。

水上偵察機を装備する事は出来るが、天龍型と同じく搭載数が0。

重雷装巡洋艦になると装備自体が出来なくなり、弾着観測射撃は行えない。

LV10で北上改へ改造可能。

雷装の最大値が人並みの79から99に強化され、より雷撃に特化した性能に変化。

ついでに強力な魚雷も持ってきてくれる(ただし弾薬消費量は2倍、およそ重巡クラスになるなどの変化も。改造前によく確認しておこう)。

さらにLV50まで到達すると北上改二へ改造が可能になる。

雷装値は最早他の追随を許さなくなり、その値は最大で139(武装を揃えればそれ以上!)を誇る重雷装艦へと成長する。

改二になることで運も30まで成長し、夜戦におけるカットイン攻撃の発動率が高くなる。

大井共々、軽巡であることを利用して改造せずに遠征艦として使う手もある。

天龍型には及ばないものの燃費は良好で、非常に時間はかかるが忘れた頃に五連装酸素魚雷などを持ってきてくれる。

ゲームにおいて期間限定グラフィックは実装されたことはないが、三越およびアベイルの描き下ろしイラストで、私服modeを披露している。

コンプティーク2018年2月号で表紙を飾った。

脇の二人は「謎のちっこいの」と紹介されるだけにとどまっていたが、2018年2月17日に新しい海防艦が実装され、左側が大東、右側が日振であることが判明した。

2018年2月6日に開催されたローソンとコラボで「艦これ 九三式酸素エクレア」のパッケージイラストでエクレアの方じゃなくて本物と思わしき九三式酸素魚雷を喰ってる北上様が拝見できる。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

佐世保海軍工廠にて1920年7月3日進水、1921年4月15日竣工。

史実で衝突事故を起こしたために、阿武隈に怖がられている。

誕生から間もない1922年から1923年の1年間、あの第二水雷戦隊旗艦を務め、最新鋭駆逐艦たちを率いている。

またその後1936年には第三水雷戦隊旗艦(要は夜戦バカの先輩)を務めるなど、駆逐艦ウザいと言う割に駆逐艦たちの指揮官となった経験は豊富である(それがウザがる原因かもしれないが)。

1941年に艦隊決戦を見越して重雷装艦に改装。

後部の主砲3門や高角砲を外し、それだけではスペースが足りないので両舷舷側に張り出しを設けてまでして魚雷発射管を詰め込み(片舷4連装×5基)、両舷合わせて驚異の40門搭載。

これに新型秘密兵器の酸素魚雷を搭載して大いに活躍する……はずだった。

だが肝心の日本自らが真珠湾とマレー沖海戦で航空主兵時代を招いてしまい、戦争計画の大前提が引っ繰り返ったため出番無し。

魚雷を満載した動く爆薬なので、航空攻撃を受ければひとたまりも無いのだ。

更には開戦から一ヶ月後、連合艦隊参謀長の宇垣纏少将が大井を視察しに来た際には「このままじゃ使えないし他の使い道を考えろ(要約)」と軍令部に指示する有様であった。

親友の大井っちとは、たった二隻しかいない雷巡同士の仲。

史実での計画ではあと一隻(キソーさん)予定されていたが実行はされなかった(ゲーム内では2013年12月11日のアップデートにより、重雷装巡洋艦、木曾改二が実装)。

腕に付けてるのは球磨型初期装備の六年式53.3cm連装魚雷発射管。

艦これ内装備品の61cm三連装魚雷より旧式の物。

歴代艦長には下村正助、草鹿任一、鮫島具重などがいる。

放置ボイスで「私まだ若いんだけど」と言っているが、実艦は開戦時点で竣工から20年以上経過しておりロートルと言って良いぐらい古く、重雷装艦や回天母艦への改造はむしろ古かったからこそ大改造を行って使えるようにした、というのが正しい。

なお、さらに古い天龍型が改造されなかったのは、小さすぎて改造できるだけのキャパシティがなかったからである。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

北上 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【北上 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】