『曙』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.068 曙(あけぼの) 綾波型 8番艦 駆逐艦 声優:早坂梢
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
15 10 / 29 5 / 19 27 / 69 41 / 79 12 / 39 0
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
20 / 49 高速 5 / 19 10 / 49 15 20
図鑑説明
特型駆逐艦18番艦、綾波型の8番艦、曙よ。
お相撲さんではないわ。覚えておいて。
初の空母戦、珊瑚海海戦にも参加したわ!
けど、何気に潜水艦は苦手かな・・・。

[csshop service=”rakuten” keyword=”曙 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

いきなりプレイヤーのことを「クソ提督」と呼ぶ、駆逐艦の中では異質な子。

だがそれが良い。

その言動が一部の変態提督たちに喜ばれ、「クソ提督製造機」と呼ばれることも。

コモン駆逐艦の中では珍しく提督呼び(クソはつくが)。

他に提督呼びのコモン駆逐艦といえばこの子。

実は綾波型は上二人とこの子以外は全員提督呼びだったりする。

1つの編成任務と1つの出撃任務で必要となる。

またこれらの任務には潮・霞も一緒に必要になる。

2013/12/11のアップデートで追加された編成任務『「第1水雷戦隊」を編成せよ!』

2015/01/23のアップデートで追加された出撃任務『「那智戦隊」抜錨せよ!』

2014年11月14日のアップデートで放置ボイスの追加や複数のボイスが更新されたが、改造しないと聞けないので、頑張ってレベルを上げよう。

2016年12月9日のアップデートで改グラフィックが更新された。

季節グラフィック差分の多かった彼女だが遂にといったところ。

2018年10月26日現在、1隻に7(+差分2)種類の限定グラフィックが実装されている。

2014年12月26日のアップデートでは年末年始限定グラフィックが公開された。(12/26~1/9)

2015年12月29日のアップデートにおいて年末年始の大掃除modeとして再実装。期間限定ボイスも新たに実装された。(12/29~1/19)

2015年06月26日のアップデートでは初夏の季節限定グラフィック、および限定母港ボイスが姉妹艦と共に実装された(6/26~9/7)。

2016年7月15日のアップデートで水着modeとして再実装。

2015年10月09日のアップデートでは秋の季節限定グラ「旬の味覚&F作業」modeが実装された。(10/9~12/8)

2016年02月10日のアップデートでは冬の季節限定グラ「バレンタインmode」が実装された。(2/10~2/29)

2016年06月01日のアップデートでは梅雨の期間限定グラ「梅雨mode」が実装された。(6/1~7/15)

2016年10月05日のアップデートでは秋の期間限定グラ「うどんmode」が実装された。(10/5~10/21)

2018年10月26日のアップデートでは新たな秋の限定グラ「秋刀魚mode」が実装された。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

大阪・藤永田造船所で1930年(昭和5年)11月7日に進水、1931年(昭和6年)7月31日に就役。

横須賀鎮守府籍の朧・曙・漣・潮で第七駆逐隊を編成して第二艦隊に編入され、第一次上海事変での長江水域の作戦や日中戦争での上陸作戦支援などに当たっていた。

日米開戦直前の1941年(昭和16年)4月10日、七駆は第一航空艦隊(一航艦)第一航空戦隊(一航戦)所属となった。

一航戦では空母の護衛とトンボ釣りを担当。

ただし、航続距離不足のため、真珠湾攻撃には参加していない。

太平洋戦争開戦に呼応して、長門以下柱島の主力艦隊が南雲機動部隊出迎えの名目で出撃した際には護衛として随伴。

曙は、多数の空母護衛任務を歴任している。

戦前編成では一航戦の直衛、南方作戦開始時には二航戦や瑞穂・千歳の直衛と支援。

MO作戦時には五航戦の直衛、MI/AL作戦時にはAL作戦組として四航戦の直衛となっている。

輸送護衛任務が主任務となってからも、聯合艦隊附属艦として瑞鳳・隼鷹・飛鷹・龍鳳・大鷹・雲鷹・冲鷹等の空母による艦載機輸送を護衛している。

艦載機輸送が前線から渇望される頃には、米潜水艦による執拗な追跡・攻撃が常態化していたが、護衛対象をほぼ撃沈から守り通している。

これら空母は南方戦線に2,000機以上の航空機を輸送していたため、南方戦線の制空権維持に一役買った事になる。

また、聯合艦隊附属時には本土とトラック島間を移動する大和や武蔵の護衛も行っている。

大戦後期、曙は駆逐隊司令艦を務めた事がある。

開戦後から暫くは潮が務めていたが、1944年に入ってから(漣沈没後には)マニラで大破するまで、曙が駆逐隊司令艦を務めている。

開戦直後の南方作戦から最期のレイテ・マニラまで、旗艦・那智の指揮下での艦隊・作戦行動が多かった。

(艦これに登場する)一等駆逐艦全体で観ると、長生きした部類に入る。

ちょっと捻くれた性格をしているのは史実で貧乏籤を引いたせい。

特に同型の潮比で。

七駆における翔鶴ポジション。

遅生まれの艦ほど優遇される慣例に乗っ取ってか、第七駆逐隊で一番年上の曙は元々貧乏籤ポジションだったらしい。

珊瑚海海戦で「被害担当艦」こと翔鶴を護りきれず、(曙には関係ないことまで)物凄い責任追及を受ける。

AL作戦でアリューシャン方面攻略部隊へ参加したのを最後に長らく最前線や華々しい海戦には出られず、ずっと後方勤務。

18年の暮れのトラック島への船団護衛後、漣とともに最前線となるラバウルでの輸送任務の増援に編入。

この時、トラック島からラバウルへの長距離を大発動艇を牽引して出撃している。

昭和19年10月14日、曙を含む第一水雷戦隊が、呉から出撃した。

第七駆逐隊にとって久々となる前線での戦闘任務は、10月18日に発令された捷一号作戦(レイテ沖海戦)だった。

最期の作戦参加 「第二次多号作戦(オルモック輸送作戦)」

スリガオから単身マニラに帰投した曙は、ここで救助した最上の乗員を降ろしたと同時に、レイテ増援輸送作戦(多号作戦)の戦力に編入される。

第二次多号作戦では第二次輸送部隊に組み込まれ、第一船団の霞・沖波・初春・初霜・潮と共に警戒部隊として参加。

1944年11月5日~13日に、マニラ湾での二度の空襲。

一度目11月5日の空襲の際、曙は回避運動のため港を飛び出していった那智を護ろうとたった1隻で続航、空母「レキシントン(CV-16)」から出撃した50機近い艦載機を相手に2隻で奮戦するも、那智は集中攻撃の果てに目の前で大爆発四散、艦が3つに折れ砕けながら轟沈していった。

次の標的として敵機は曙に集中し、曙も甲板上が空の薬莢と弾倉で埋まるほど果敢に迎撃し5機を撃墜するが、直撃弾1発、至近弾数発を浴びて大破炎上。

航行不能に陥った。

この時、曙を最後まで助け、沈没から救ったのが潮である。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

曙 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【曙 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】