『伊19』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.123 伊19(い19) 巡潜乙型 3番艦 潜水艦 声優:味里
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
14 2 / 9 4 / 18 36 / 79 12 / 36 0 0
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
0 低速 10 / 39 12 / 49 10 20
図鑑説明
潜水艦、伊一九よ。うん、イク。
正規空母ワスプを自慢の酸素魚雷で仕留めたの。
さらにずーっと先を航行していた戦艦や駆逐艦にも命中したの。
海のスナイパー、イクさんの活躍、ずーっと覚えていてなの…ね。

[csshop service=”rakuten” keyword=”伊19 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

2013/11/01から始まった秋イベント、「決戦!鉄底海峡を抜けて!」のE1海域のクリア報酬艦娘として先行実装された。

また2013/12/24から始まったアルペジオコラボイベント、「迎撃!霧の艦隊」E3海域でもドロップした。

秋イベントでは他に阿賀野、能代、伊8、武蔵、矢矧が同時に先行実装された。

本来なら2013年夏イベントにて先行配信の予定だったが、音声収録抜けにより秋イベントに回されたということが各種インタビューから判明している。

代わりに熊野・鈴谷が先行投入された。

伊168や伊58と比較すると、雷装が高めに設定されている。

昼戦での攻撃力が頭一つ抜けており、無改造でも伊168改と装備スロット差込みで互角の火力を持つ。

伊58に匹敵するか或いは凌駕する武勲艦のはずだが、比較的早期に沈没してしまったためか運の数値が12と控えめにされている。

運=改造後のカットイン発生率が伊168改に次いで低いため夜戦での期待値は伊168改以上伊8改未満。

提督のリアルラックさえあれば理論値最強の巡潜。

期待値なら伊58改が大きく優り、伊8改はこれらの中間に位置する。

改造後は「潜水空母」に艦種変更となる。

実装当初、仕様不備により遠征の艦種判定で空母扱いされており、同じ潜母の伊58改・伊8改共々潜水艦遠征には使用不能だった。

現在は修正されており、潜水艦を必要とする任務・遠征に使用出来る。

ただしこの修正により、逆に空母系遠征は遂行不能になったので注意。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

愛称は「イク」。

別に女性の名前としてはそれほど珍しくないのに、提供元が提供元だったせいか歴戦の紳士軍団にさえプレッシャーを感じさせるほど際どいキャラ付けがなされてしまった。

某イラストサイトではその手の絵が実際かなり多く、人呼んで「泳ぐ18禁」の渾名をもらうことに。

まぁこの甘ったるい声で「はーい!イク、いくのー!」だの言われればどうしようもない…紳士諸君はボイスを堪能する際に周囲に家族がいない事を確認だ!

そんな危険なキャラではありながら提督のことは無邪気に慕っておりLOVE勢とも言われている。

実は13秋イベ実装仲間の伊8および武蔵とは担当声優も同じという繋がりがある。

はっちゃんの方はまだ分かるとして、あの超弩級戦艦とイクの声帯が同じだという事実が判明した時はそれなりに驚きの声があったとか…

元ネタは日本海軍の巡潜乙型(伊15型)3番艦「伊号第十九潜水艦」である。

1939年9月16日進水、1941年4月28日就役。

「巡潜」とは巡洋潜水艦のことで、長距離を航海するための潜水艦という意味。

「乙型」と言うのは、巡潜の中でも旗艦機能は持たないが水偵1機を搭載している潜水艦、というタイプである。

伊58はこの乙型の戦時製造型である乙型改ニ。

つまりゴーヤのお姉ちゃんなのである。

装備は53cm魚雷発射管6門(艦首)、魚雷搭載数17本、40口径14cm単装砲、25mm連装機銃1基、水偵1機である。

造ったのは三菱重工神戸造船所。

現時点で三菱神戸造船所生まれの艦娘は伊19のみである。

熊野を始めとして「神戸生まれ」の艦娘は多数いるが、それらは全て川崎重工神戸造船所生まれである。

なお伊15型は同型艦が20隻あり、おそらくほとんどの艦は実装されないと思われるが、とりわけ特に伊33は実装不可能であると思われる。

太平洋戦争序盤ではアメリカ西海岸において通商破壊戦に従事。

この時イクさん以外の巡潜乙型も西海岸で通商破壊戦と米本土砲撃・空襲をやったりと活躍している。

ガダルカナル攻防戦では、14cm単装砲による浮上攻撃でサンタクルーズ諸島の飛行艇基地を砲撃、意外と大胆な子である。

また搭載した水上偵察機によってハワイの真珠湾を航空偵察している。

これにより日本は真珠湾基地が急ピッチで修復中であることを知り、二式大艇による真珠湾爆撃を計画した。

第2次真珠湾攻撃こと「K作戦」である。

伊19はこの作戦にも参加。

姉妹艦2隻とともに水偵格納庫を航空燃料給油装置に改造し、二式大艇に先んじてフレンチフリゲート礁に進出。

ミッドウェー海戦に大勝し、反撃に出た米軍の第一撃となったガダルカナル島攻撃。

この作戦に米軍は太平洋にいる空母エンタープライズ、ホーネット、サラトガ、ワスプの4隻のうち、改装中のホーネット以外の3隻を投入、対する日本軍も再建途上の南雲機動部隊の空母6隻(翔鶴、瑞鶴、隼鷹、飛鷹、龍驤、瑞鳳)から準備の出来ている翔鶴、瑞鶴、龍驤の3隻を投入、米軍上陸から17日後の8月24日、第二次ソロモン沖海戦が発生する。

そして1942年9月15日。

伊19はガダルカナルからほど近いエスピリトゥサント島沖で米軍虎の子の正規空母ワスプを発見。

ワスプに肉薄(距離900m)し酸素魚雷6本を発射、3本がワスプに命中し撃沈せしめた。

それのみならず、外した魚雷3発が10km先まで航走し、別艦隊であるホーネット隊所属、戦艦ノースカロライナに命中して中破(1番砲塔左舷に命中し、1番砲塔支筒損傷、1番弾薬庫に浸水)。

駆逐艦オブライエンの艦首に命中してこちらも大破させた。

この結果、米軍はガダルカナル戦開始1ヵ月ちょっとで太平洋に展開する空母4隻中1隻を失い2隻が大中破して長期戦線離脱、残る空母はホーネットのみ、しかも第一次ソロモン海戦で重巡洋艦部隊を失い、今さらに新鋭戦艦ノースカロライナも損傷して戦線離脱という大ピンチを迎えてしまう。

一方日本側は準備の整った隼鷹、飛鷹、瑞鳳が次々と前線に加わり戦力を強化、前線の戦力に大きな差ができてしまう。

彼女の最期の作戦名は「丙作戦第三法・警戒⇒用意⇒発動」(聯合艦隊遊撃作戦要領で内南洋方面は丙作戦とし、第一~第七法に区分されている)。

この作戦で伊175(未実装)が米少将率いる第52.3任務群の旗艦リスカム・ベイ(カサブランカ級航空母艦)を撃沈、同少将は戦死の戦果を得たが、伊19を含む六隻が未帰還となり、伊175を含む生還した三隻も爆雷攻撃を受けて損傷、修理を必要とした。

伊175が伊19の仇を討った形にはなるが、戦果に比べ、被害が甚大であった。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

伊19 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【伊19 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】