『翔鶴改二』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.261 翔鶴 改二(しょうかく) 翔鶴型 1番艦 正規空母 声優:野水伊織
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
77 0 / 63 — / 77 0 39 / 84 48 / 88 93
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
0 高速 53 / 93 20 / 97 90 85
図鑑説明
翔鶴型航空母艦1番艦の翔鶴です。
軍縮条約失効後に設計建造された、本格的な大型正規空母として就役しました。
妹の瑞鶴と共に第五航空戦隊を編成します。
あの惨劇の後は、先輩方の後を継いで戦線を支えました。
そして今、マリアナを超えて、提督と共に翔び続けたいと思います。

[csshop service=”rakuten” keyword=”翔鶴改二 艦隊これくしょん” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

2015年9月25日のアップデートで実装。

改造にはLv80と改装設計図、試製甲板カタパルトが必要であり前提条件の達成は全艦娘の中でも相当に厳しい。

カタパルトは任務試作艤装の準備や試製航空艤装の追加試作で入手できるが出現させるまでに多大な手間がかかる。

改造に必要な資材は弾薬1200、鋼材は扶桑姉妹改二を超える3700。

Lv88以上で翔鶴改二甲へ更なる改造が可能。

この更なる改造には弾薬1700/鋼材5700に加えて開発資材が15必要。

鋼材の消費量が凄まじく、無改造→改→改二→改二甲に一気に改装すると1万以上も鋼材がぶっ飛ぶので注意。

コンバート改造と呼ばれるシステムで、翔鶴改二甲から改二へ戻す事も可能。

この改造は弾薬1200/鋼材4500/開発資材10が必要になる。

こちらの鋼材消費もかなりのもの。

2019/05/21現在、任務でカタパルトが4つ(2つは選択報酬)入手できるのに対し改装に必要な艦は8隻存在する。

今後イベント等で配布される可能性はあるが、現状で不足している提督は注意が必要。

改時点では24機だった3つの大スロットが27機まで増加。

対空砲火に対する生存率が増しただけでなく、この大スロット全てに熟練度最大の艦攻を載せることで、航空戦・砲撃戦ともに空母勢最高レベルの火力を発揮することが可能。

搭載量が93と加賀改に次ぐ数字となり、艦隊の総制空力をより高く運用できる。(改二甲ではこの特性は活かせなくなる)

カタパルトによりデフォルトで中射程になり、他空母や駆逐よりも先に砲撃が可能。

火力が63に上がったため、艦攻を複数搭載することで反航戦キャップ値への到達も容易になった。

かなり久々に登場した、改造することによって図鑑説明が変化する艦娘である。

妹の瑞鶴にも瑞鶴改二・瑞鶴改二甲が実装され、改時点での特徴でもあった塗装の他に性能にも翔鶴と細かな違いがある。

記事の引用元はここをクリック

小ネタ (説明はWikipediaより)

史実で実用化できなかった空母用カタパルトを装備したifの姿。

ここから更なるif改装を行うことも可能。

このカタパルトは現在の空母に広く普及している蒸気カタパルトではなく、あくまでレシプロ機向けの油圧カタパルトであると推測される。

射程が中なのはカタパルトを装備したことで艦載機の発艦効率が良くなったことを表していると考えられる。

日本海軍で空母用カタパルトの開発が開始されたのは昭和10年頃にまでさかのぼり、翔鶴型にも計画初期からカタパルト2基の搭載予定があった。

立ち絵は以前より先輩空母らのデザインを意識したものだと考えられるが、見方によれば改二でより赤城を意識したものになったとも。

MI作戦後に赤城より一航戦旗艦の座と一部の艦載機搭乗員を受け継いだ翔鶴の戦歴を反映しているのかもしれない。

飛行甲板に記入された対空識別記号が由来となる胸当ての「シ」は、改二および改二甲でも継承されている。

初期イラストには飛行甲板のエレベータが1基足りない問題があったが、こちらはしっかり3基描かれている。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

翔鶴改二 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【翔鶴改二 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】