『アブルッツィ』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.389 L.d.S.D.d.Abruzzi(アブルッツィ) L.d.S.D.d.Abruzzi級 1番艦 軽巡洋艦 声優:森山由梨佳
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
37 27 / 51 33 / 51 20 / 66 34 / 64 20 / 60 6
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
20 / 39 高速 12 / 41 20 / 88 40 50
図鑑説明
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級軽巡洋艦、アブルッツィです。
ごめんなさい、名前が長くって。
最新鋭のこの体、火力も演技も自信があるんです、私。
戦いが終わった後、女優として映画にも出演したんです。
観てくれました?
提督、どうぞよろしくお願いしますね。

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

ゲームにおいて (説明はWikipediaより)

2019年8月31日、イベント「欧州方面反撃作戦 発動!「シングル作戦」」で実装。

先に実装されていたG.Garibaldiの姉である、L.d.S.D.d.Abruzzi級のネームシップ。

海外艦で姉妹艦が全て揃ったのはこれが初。

妹とは対照的に大人びたお嬢様的な性格。

妹のG.Garibaldiのことは「ガリィ」と呼ぶ。

退役後に映画出演をしたことから、女優を自称し、顔への砲撃を嫌がっている。

しっかり者に見えるがワインには目がないようで、期間限定ボイスでは何かとワインを飲もうとする。

とはいえどこかのアル重ほどの頻度ではないのでご安心を。

イタリア海軍が建造したルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級軽巡洋艦の1番艦。

イタリア海軍が建造した条約型軽巡洋艦の最終発展型。

イタリア海軍の仮想敵であるフランス艦隊は、強力な「超駆逐艦」を多数整備しており、これに対抗するためイタリア軽巡は敢えて防御を抑えて高速に重点を置いた(火力は巡洋艦なので、さすがに超駆逐艦は圧倒できる)。

一連の軽巡洋艦はコンドッティエリ(傭兵隊長)型と呼ばれ、改良を重ねながら整備を進めていった。

その第5陣が本級である。

本級の基準排水量は1万tに迫り、重巡である青葉にも匹敵するものとなった。

10門の152mm砲と、軽巡としてはかなり有力な防御*3もあって、日米英の大型軽巡にも対抗し得る強力な巡洋艦と評された。

記事の引用元はここをクリック

戦歴 (説明はWikipediaより)

1937年12月1日に竣役。

1939年4月のアルバニア侵攻で妹と共に初陣を飾るが大きな戦闘は起こらなかった。

まともな海軍力、空軍力をもたないアルバニアに対して、新鋭の巡洋艦を投入するのは無駄な行為とも見えるが、大型艦の威容を誇示する事で相手の戦意を喪失させる。

また味方を鼓舞することは一種の「砲艦外交」としても有効である。

ただ燃費の悪い戦艦をそういった事で使用するのは経費的に厳しいものがあり、その点燃費もよく、大きさも程々にあって威容も示せる巡洋艦は好都合な艦船だった。

第二次世界大戦が始まるとアブルッツィは第8巡洋艦戦隊として妹と共に行動し。

カラブリア沖海戦やマタパン岬沖海戦、英軍のハルバード作戦阻止のための出撃などで出撃するが、イタリア側の活動不活発などもありめぼしい活躍もなかった。

1943年9月8日、遂にイタリアは降伏する。

ジェノバに在泊していたアブルッツィは妹のガリバルディやマエストラーレ級駆逐艦の最後の生き残りとなるグレカーレなどと共に連合国側に投降する。

しかしガリバルディや戦艦ローマ、イタリアらと英軍拠点のマルタ島への移動中、ドイツ空軍機の爆撃を受け、ローマと駆逐艦2隻を失っている。

終戦後は妹共にイタリア海軍に復帰。

ファシストに協力した事で王位を王太子ウンベルトⅡ世に譲った国王ヴィットリオ・エマヌエーレⅢ世を亡命先のエジプトまで運んだり、結局王政廃止により国を追われたマリーア王妃をポルトガルまで運ぶ任務を果たしている。

1954年10月には第二次世界大戦後にその重要性から米英軍が管理地域としていた「トリエステ自由地域」がイタリアに併合される事になり、アブルッツィはグレカーレ以下駆逐艦3隻を従えてトリエステ港に入港する。

11月には時のイタリア大統領によってパレードが実施され、アブルッツィらも参加している。

1956年には戦艦アンドレア・ドーリアの退役に伴いイタリア海軍旗艦に就任している。

その後も平穏に旗艦の役割を果たし、1961年に妹のガリバルディがミサイル巡洋艦に生まれ変わり復帰した事で旗艦を譲り、5月1日に除籍された。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

アブルッツィ 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【アブルッツィ 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】