『秋霜』(艦隊これくしょん)の動画を楽しもう!

 

No.425 秋霜(あきしも) 夕雲型 18番艦 駆逐艦 声優:豊口めぐみ
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久 火力 装甲 雷装 回避 対空 搭載
16 10 / 30 6 / 19 24 / 69 46 / 81 8 / 40 0
対潜 速力 索敵 射程 燃料 弾薬
27 / 53 高速 6 / 20 11 / 49 15 20
図鑑説明
夕雲型駆逐艦十八番艦「秋霜」よ。
知っててくれた?
先輩方の二駆を継ぐ、夕雲型で編成された新編二駆を「早霜」「清霜」と共に編成したの。
大きな負け戦はしっかり経験済み。
最期は多号作戦。
うちらのことも…覚えていてね。

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ゲームにおいて (説明はWikipedia』より)

2019年12月7日、2019年秋イベント「進撃!第二次作戦「南方作戦」」のE5ドロップ(第2ゲージボス)として実装。

夕雲型で戦中に編成された第二駆逐隊の一人。

僚艦は2014年夏イベで実装された早霜と清霜。

早霜・清霜いずれも自身の所属は名乗っていない。

早霜・秋霜が行動不能になった後編入した朝霜も元の31駆、改二で最後の21駆を名乗っているため、夕雲型で唯一「第二駆逐隊」所属を名乗る。

図鑑では「新編二駆」、実装時イベント友軍艦隊では「夕雲型第二駆逐隊」、編成・出撃ボイスでは「第二駆逐隊」と、第4代(開戦時)の第二駆逐隊とは違うことを様々な表現で述べているが、戦時中に同じ駆逐隊名が用いられた例がこの2駆しかなかったことを提督が混乱しないようにする運営側の苦肉の策配慮が随所に見受けられる。

この部分も彼女の実装が先送りされた一つの要因かもしれない。

一人称がうちになっている艦娘では黒潮・浦風・龍驤に続き4人目。

絵的にはクールっぽくも見えるが、実際の所明るく元気な子。

特に改で追加される時報になると、かなりのお調子者であることが明らかに。

調子に乗りすぎて(おそらく提督に頭を)はたかれる艦娘はこの子くらいだろう。

秘書艦になっても朝食昼食は早霜が作りおやつは清霜が用意、夕飯は提督と間宮……と、一回もご飯を作ってくれない。

末っ子の清霜でも朝は作ってくれるのに……。

そんな元気印の子でも、自身を始め多くの艦艇が沈んだ多号作戦に関しては思うところがあるようで、1800の時報だけは普段と違う沈んだ感じのものとなっている。

秋の名を持つだけあって頭に楓の髪飾りをつけている他、中破時に見えるものも紅葉柄となっている。

2020年2月7日、バレンタイン差分modeが実装された。

「チョコ魚雷」と称する小型の筒状の手作りチョコを作ったようだが、とある駆逐艦の手作りチョコレートに度肝を抜かれている模様。

記事の引用元はここをクリック

★『ねんどろいど』の最新商品!★

小ネタ (説明はWikipedia』より)

マル急計画仮称346号艦として藤永田造船所にて1943年5月3日起工、同年12月5日進水、翌1944年3月11日竣工。

横須賀鎮守府籍。

姉の朝霜は夕雲型の中で最も建造期間が短く、43年1月起工、7月進水にも関わらず秋霜進水より前の11月27日に竣工している。

竣工後第十一水雷戦隊に編入され、先に竣工・編入していた早霜と共に瀬戸内海で訓練に従事する。

5月10日に11水戦の響・電、早霜と共に第一機動艦隊に編入され、機動部隊の護衛にあたり、タウイタウイに到着。

5月19日に補給部隊護衛艦となり、響・浜風とダバオに移動。

第一次渾作戦から帰投する扶桑・妙高・羽黒の護衛に加わる。

6月10日、風雲戦没に際し響と共に救援に向かう。

秋霜は風雲乗員136名をダバオに送り届ける。

6月11日、内地から速吸と初霜・栂が到着、補給部隊と合流。

17日にあ号作戦乙部隊に編入され、マリアナ沖海戦に参戦。

マリアナ沖海戦では沈没した飛鷹乗組員の救援を行った。

飛鷹の御真影と勅諭は秋霜に奉移された。

中城湾に集結後、第7戦隊を護衛して柱島泊地着。

6月29日~30日、第5戦隊(妙高・羽黒)を護衛してマニラを経由しシンガポール着。

ここで修理・整備を受けリンガ泊地に到着。

8月15日、早霜・秋霜・清霜で戦中2代目となる第二駆逐隊を編成。

レイテ沖海戦では栗田艦隊に属し参加。

救助に空襲に突撃にと、働きずくめに働いている。

レイテ沖海戦を生き延びた秋霜だったが、休む間もなく多号作戦へと投入された。

霞を旗艦とする第4次多号作戦警戒部隊に属した。

元々この作戦の参加予定だった曙が11月5日のマニラ湾空襲で大破して参加できなくなったため、その代わりとして参加した。

この作戦中秋霜は艦首に直撃弾を浴び、一番砲塔から前が切断されてしまった。

やむなくマニラ港のとなり、工作部があるカヴィテ港の桟橋に係留され修理を行うこととなった。

そして、そこが終焉の地となった。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

秋霜 艦これ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【秋霜 艦これ(最新無料動画はここをクリック)】

東方Projectに関係する動画♪

艦隊これくしょんの動画を楽しもう♪