『北白河ちゆり』(東方Project)の動画を楽しもう!

概要 (説明はピクシブ百科事典より)

東方Project第3弾『東方夢時空 ~ Phantasmagoria of Dim.Dream』の8面ボス。

ノーコンテニュークリアすると学会追放デモの後、岡崎夢美と共に自機として選択可能になる。

博麗靈夢達の世界の住人ではなく、5世紀分は科学が進んでいる可能性世界(パラレルワールド)の住人。

夢美と共に「可能性空間移動船」に乗って、夢美の研究の為に靈夢達の世界にやって来た。

8面では夢美の造った科学魔法を使用して、データをとる為に主人公と戦う。

比較物理学専攻で大学院卒の15歳、教授である夢美の助手をしている。

(ちゆりと夢美の世界では大学は11、院は13で卒業する。)

夢美のことを夢美様、あるいはご主人様と呼ぶ。が、タメ口。

夢美に何度も殴られるが、2人の仲は良好のようだ。

エンディングで夢美が暴走した際はパイプ椅子で逆に夢美を殴って止めている。

記事の引用元はここをクリック

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【種族】
人間
【二つ名】
時をかける夢幻の住人、Assistant professor
【職業】
助手
【テーマ曲】
Sailor of Time

その他 (説明はピクシブ百科事典より)

喋り方の特徴として、語尾に「~だぜ」「~か?」等をつける男の子口調が挙げられるが、靈夢に「言葉使い、変よ。」と、口調を全否定されている。

髪型は金髪のツインテールで、服装はズボンのセーラー服。

これらの元ネタは竹本泉の漫画『アップルパライダイス』に登場する朝ヶ丘絵理子。

服装の元ネタも『アップルパラダイス』2巻の表紙カバーだと思われる。

(ちなみに、可能性世界、卒業年齢の設定も元ネタは竹本泉の漫画。)

開発時のちゆりの名前も「絵理子(仮)」だった。

2Pカラーの赤いセーラー服のちゆり(通称赤ちゆり)は夢美曰く「可能性世界でのちゆり本人ね。・・・たぶん」。

カナ・アナベラルの服を着てみたいらしい。

ちゆりが科学魔法を使うのに対して、こちらは本物の魔法を使っている。

赤ちゆりは夢美を知らない為、夢美を「あんた」と呼ぶ。

同キャラ対戦時の勝ちセリフが「魔法世界の私のほうが強いようだな」というものなので、基本的に赤ちゆりの方が強いのかもしれない。

原作中での自己紹介やキャラ紹介では助手と言っているが、怪綺談のエンディングのキャラ紹介では「Assistant professor」と書かれている。

大学によっては異なるが、一般的にはassistant professorは助教授(現在の准教授)や講師などであり、助手とは異なる身分である(両方とも助手よりも上)。

ゲーム中の性能 (説明はピクシブ百科事典より)

夢美に並ぶ夢時空最速キャラで東方花映塚の射命丸文と使い勝手が近い。

溜め撃ちやゲージアタックは射命丸に似ているが、以下の理由で性能的には射命丸より強い。

エキストラアタックは角度がついたレーザーで、何本かあると動ける範囲が狭められる。

自機をレーザーに囲まれている時にゲージアタックやボスパニックの自機狙い弾が大量に来るとチョン避けしてもすぐに追い詰められるのでボンバーを使うしかない。

ボンバーを使い切るともちろん詰む。

ちゆりはゲージ溜め速度も速いので、エキストラアタックが複数送られたのを確認してからゲージアタック発動しても間に合うので、慣れたプレーヤーならこの状況を発生させやすく、なお凶悪さに拍車がかかってる。

発生させるチャンス自体はそこまで多くないのが救いか。

ボスアタック開始時に演出で画面が白くフラッシュするが、その間は白弾が見えなくなる。筆者の周りでは「フラッシュ攻撃」と呼ばれ恐れられていた(元ネタはファミコンソフトの「エグゼドエグゼス」)。

そもそもボスが鬼強い…(キャラ紹介で「最強クラス」と記載されている程)。

岡崎共々超強いので、筆者の周りでは対戦での使用を禁止するハウスルールが存在した…。

北白河ちゆり 東方Project(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【北白河ちゆり(最新無料動画はここをクリック)】