まじかるキッズどろぴー(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1990年12月14日

【発売元】 ビック東海

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

【プログラマー】 T.ISHIHARA、岡田覚、蛭田浩二

【音楽、効果音】 横山清、加瀬正紀

【ヘルパー、アシスト】 きのとしや、H.ONDA、T.SUZUKI-A、T.SUZUKI-B

【プログラム企画】 関友弓、S.KAGAWA

【スペシャル・サンクス】 F.TAKADA、あさのくにのり、M.USAMI

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】 ファミコン (FC) まじかるキッズどろぴー (ソフト単品)

【中古】 ファミコン (FC) まじかるキッズどろぴー (ソフト単品)
40,550 円 (税込)
機種 【ファミコン】こちらは「ソフト単品」となります。初期動作確認済みです。商品によりましては、発売時期の古い御品物ですので、綺麗な状態の商品もあれば、汚れ(黄ばみ)やシールの破れ、シールをはがした跡やラクガキの跡などある場合もございます。内臓バックアップ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

1990年12月14日にビック東海から発売されたファミリーコンピュータ用アクションゲーム。

突如現れたロボット軍団「悪玉帝国」から世界を救うため、少年「カゲマル」に召喚された魔女「どろぴー」。

プレイヤーはどろぴーを操作し、6種類の魔法を駆使して、1ステージ3エリア+ボス戦からなる全5ステージを、ステージ1から順に攻略していく。

本作はオープニングやステージ間に豊富なビジュアルシーンが挿入されるなど、ファミリーコンピュータのゲームとしては挑戦的な試みがなされている。

しかし同じアクションゲームであることを考慮しても、武器の切替・敵のアルゴリズムといったゲームシステムから、BGMや効果音・グラフィックの雰囲気に至るまで『ロックマンシリーズ』の影響が強く見受けられる。

そのため、ゲーム雑誌等において「ロックマンもどき」と紹介されることが多い。

しかし、それまで『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』(1988年)の特殊武器でしか採用されていなかった溜め打ちシステムを『ロックマン4 新たなる野望!!』(1991年)に先んじて通常弾に導入したり、画面全体に有効な攻撃を『ロックマン4』に先んじて導入したりするなど、独特な進化も見受けられる。

なお溜め撃ちシステム自体は、アーケードにて稼働されたジャレコの『フォーメーションZ』(1984年)まで遡ることができる。

記事の引用元はここをクリック

まじかるキッズどろぴー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【まじかるキッズどろぴー(最新無料動画はここをクリック)】