シャドウブレイン(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1991年3月21日
【発売元】 ポニーキャニオン
【メディア】 3.64メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム
【原作】 木宮雅徳
【ゲーム・ストーリー】 千葉智宏、黒田洋介
【ゲーム・バランス】 わたべこういち
【キャラクター・デザイン】 長沢英夫、今井修司、野田弘一
【「ガイダ」デザイン】 スクリーミング・マッド・ジョージ
【グラフィック・デザイン】 MARU CHAN、BONZ PIN、MAEDARA
【サウンド】 中村一気、大野木宣幸
【メイン・テーマ】 高見沢俊彦(THE ALFEE)
【プログラム】 MR.K
【プロデューサー】 小尾一介
【ゼネラル・プロデューサー】 かわはらりょう、中島誠一
【プロモーター】 松本慶明、とみながやすなり
【音楽ディレクター】 大野善寛
【プロジェクト・コネクション】 ブレーンバスターズ

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

概要 (説明は『Wikipedia』より)

1991年3月21日にポニーキャニオンより発売された日本のゲームソフト。

『ウィザードリィ』(1981年)シリーズを代表とする主観視点からの擬似3D空間探索型ロールプレイングゲームであり、高度なデジタルネットワークを社会の中枢に据えた架空の近未来世界が題材となっている。

なお、発売当時のデジタルネットワーク環境は利用者が限定的なパソコン通信であり、電子掲示板やチャットなど実際に運用されていたデジタルネットワーク技術の存在をパソコン通信利用者以外に広く知らしめた他、オンライントーク(現在のビデオチャットに相当)やオンラインショッピングなどの現在のインターネット社会で当然となった機能を既に登場させており、未だに製作に携わったスタッフのデジタルネットワークにおける卓越した知識と先見性を高く評価する声が多い。

ゲームソフトを収めた化粧箱の底面部には、当時はまだ珍しかったコンピュータグラフィックスを用いた本作の導入部と一部の登場キャラクターの紹介映像が収録されたオリジナルビデオカセットが同梱されており、広大なバックグラウンドストーリーの紹介とゲームで描かれた世界観への移入を促す役割を果たしている。

記事の引用元はここをクリック

シャドウブレイン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【シャドウブレイン(最新無料動画はここをクリック)】