摩訶摩訶(スーパーファミコン)

【発売日】 1992年4月24日
【発売元】 シグマ商事
【価格】 8,700円
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

SFC 摩訶摩訶 マカマカ (ソフトのみ)スーパーファミコン【中古】

SFC 摩訶摩訶 マカマカ (ソフトのみ)スーパーファミコン【中古】
2,780 円 (税込)
ソフトのみの商品(中古品)になります。 端子クリーニング・初期動作確認済みです。 商品の方は、少々使用感がございます。 バックアップ電池のあるものに関しましては、 動作確認時に、確認を致しておりますが、 ご購入後の補償は致しかねますので、ご了承お願い致します..

【中古】ゲーム攻略本 SFC 摩訶摩訶 マカマカ 【中古】afb

【中古】ゲーム攻略本 SFC 摩訶摩訶 マカマカ 【中古】afb
4,490 円 (税込)
発売日 1992/07/03 メーカー 勁文社 型番 - JAN 1063552450722 備考 スーパーファミコン必勝スペシャル 関連商品はこちらから 勁文社 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

ギャグ漫画家の相原コージ氏がキャラクターデザインを担当したRPG。

「お笑いRPG」と銘打たれていたが、その出来は…。

胡散臭さ全開でまったく購買意欲をそそられないCMと相原氏自らが手がけた濃すぎるパッケージイラストが、人類には早すぎるゲームであることを警告してくれていた。

淡いながらもサイケデリックな色彩の説明書表紙もまた、本作の摩訶不思議っぷりを仄めかしている。

CMも(精神的にも著作権的にも)あまりにヤバいためか、どこかの動画サイトでも削除されるシロモノである。

ゲーム自体も(イカ○た販促通りの)カオスなRPGである。

グラフィック・ストーリー・テキスト・アイテム・キャラクターの全てに奇天烈なネタやギャグが大量に盛り込まれている。

いわゆる狙い澄ましたバカゲーである。

基本システムだけは、俯瞰視点のマップ+サイドビューの戦闘を軸にした、オーソドックススタイルである。

基本的にイベントというイベント全てが超展開満載であり、ここには書き切れない。

パロディ系の描写も多い。

敵の名前・容姿も、あまりの適当さに脱力させられること請け合い。

バグ以外にも不備が多い。

効果音の使い回しが多い。

狂ったエンカウント率。

ゲームバランスもかなり大味。

世界観やキャラクター、各種イベントなどはとにかくブッ飛んでいるものの、「前世の力を借りて悪の組織の野望を打ち砕く」というストーリー自体は決して破綻しておらず、何だかんだでしっかり形になっている。

また、仲間キャラ一人ひとりにもエピソードや見せ場があり愛着が湧く。

とにかく多いバグのせいで、SFC屈指のクソゲーとして名前が挙がることが多い作品。

しかし、変身技や大きく描かれた魅力的なキャラ、二重底の宝箱など、当時としては画期的なシステムに加え、爆笑確実なぶっ飛んだシナリオにBGM等は評価されており、今でもカルト的な人気がある。

『バグが無ければ純粋に良作、良いバカゲー』などとも言われており、ただのクソゲーとは違う『デスクリムゾン』と同様に非常に愛されたクソゲーと言えるだろう。

記事の引用元はここをクリック

摩訶摩訶(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【摩訶摩訶(最新無料動画はここをクリック)】