KEYBOARDMANIA(アーケードゲーム◆コナミ)

【稼働開始日】 2000年
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 音楽ゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】 KEYBOARDMANIA Original Soundtracks/ゲームミュージック 【中古】afb

【中古】 KEYBOARDMANIA Original Soundtracks/ゲームミュージック 【中古】afb
110 円 (税込)
ゲームミュージック販売会社/発売会社:キングレコード(株)(キングレコード(株))発売年月日:2000/03/16JAN:4524334000575コナミのアーケード音楽ゲーム・シリーズ『BEMANI』の『Keyboardmania』のサントラ盤。元YMOのシンセサイザー・オペレーター、松武秀樹書き下ろ..

【中古】KEYBOARDMANIA full-sized collection

【中古】KEYBOARDMANIA full-sized collection
5,500 円 (税込)
【中古】KEYBOARDMANIA full-sized collection【メーカー名】コナミデジタルエンタテインメント【メーカー型番】【ブランド名】【商品説明】中古商品のご購入時はご購入前に必ず確認をお願いいたします。商品画像はイメージです。中古という特性上、使用に影響ない程度の使..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

『GUITERFREAKS』『drummania』に続く実際の楽器をモチーフにしたBEMANIシリーズ。

タイトル通りキーボードがモチーフ。

入力デバイスとしてヤマハ製のキーボード用部品を採用しており、本物のキーボードそのままの操作感覚を実現した。

一つの筐体には『beatmania』シリーズと同じく二人分の鍵盤が存在するため、それらを一人で演奏するダブルプレイも搭載されている(つまり48鍵盤+2ホイールになる)。

こちらはあくまでも超上級者向けである。

しかし、鍵盤楽器の特性からくる難易度の高さに加え、当時のプレイヤーのスキル不足も重なり、他のBEMANI機種ほどの人気を獲得するには至らなかった。

キーボードという楽器の性質上、シングルプレイの場合キーが24鍵盤(2オクターブ分)ある。

さらに、上下に回すホイールコントローラも操作する必要がある。

他のBEMANI作品で言うと『ポップンミュージック』シリーズが9ボタン、『beatmaniaIIDX』シリーズが7ボタン+1スクラッチ、『drumMania』シリーズが無印では5パッド+1ペダル・『XG』以降では7パッド+2ペダルであることを考えると、本作の操作箇所数の多さは明白である。

キーの配置や運指を大まかにでも体得するのに、他のBEMANIシリーズ以上に時間がかかるため、BEMANIシリーズをやったことのないような一般層はもちろん、他のBEMANIシリーズ経験者であっても、安定したクリアには相応の反復が要求された。

上方から降ってくる譜面を認識し、それに対応する鍵盤を判断し、画面を見ながらその鍵盤を押さなければならないため、初めてのプレイでは混乱に陥りやすい。

特に、実際の演奏に近いプレイを要求される「REAL」モードは初心者お断りと言うべき曲も当然ながら多かった。

他のBEMANIシリーズではクリア条件が「曲が終了時にゲージを一定量以上保たせるタイプ」と「曲が終了するまでにゲージを0にしないようにするタイプ」のどちらかなのだが、本作はデフォルトの設定ではその両方を合わせた複合タイプなので、全般的に曲のクリアが難しい(ただしオペレーター側の設定で変更することが可能)。

ゲージの増減自体は他のBEMANIシリーズに比べてかなり易しく設定されているが、それ以前に根本的な難度の高さがあるため、決してクリアが簡単とは言えなかった。

『beatmania』シリーズがクラブミュージック系、『GUITARFREAKS&drummania』シリーズがロック系の楽曲をメインに収録していたのに対し、本シリーズは「特定の音楽ジャンルを想起させない鍵盤型デバイス」という特徴を活かし、実に多種多様なジャンルの楽曲が収録されている。

総数は少ないながらも、どれもクオリティ・評価ともに高い物が多い。

一部の楽曲は他のBEMANIシリーズにも移植されている。

特に『beatmaniaIIDX』に移植された「Ride on the Light(IIDXではアレンジ版)」「Frozen Ray」、『ポップンミュージック』への移植歴を持つ「Henry Henry」「Pink Rose*6」「Mighty Guy」、マルチセッションGDKの対応曲として『GUITARFREAKS&drummania』にも移植された「VITALIZE」「しりとり」等は本シリーズを代表する名曲と言える。

クラシック曲である「剣の舞」「おもちゃの兵隊の行進」のアレンジ版や、ディープ・パープルの有名曲「BURN」をモチーフとしたと思われる曲のほか、往年のKONAMIの名作『悪魔城ドラキュラ』『イーアルカンフー』『沙羅曼蛇2』のBGMをアレンジした楽曲などもあり、知っている人には親近感や懐古感を抱かせる要素も備えている。

特に「エリーゼのために」は、テンポの揺れが規定はされるものの、実際のピアノ演奏の疑似体験に非常に近いプレイができる。

グラディウス等のバブルシステム基板起動直後のカウントダウン中に流れる名曲「Morning Music」も、アレンジされて収録された。

ただし人気の高い初代デモプレイの曲はサウンドトラックには未収録。

初心者には認識が非常に困難な譜面だが、決して理不尽な配置はされていない。

REALモードについては、比較的リアルのピアノの運指に沿っているためピアノの経験者にとっては弾きやすく、理不尽な押し方を要求される曲もほとんどない。

アーケード版では、モニターのすぐ真下に鍵盤が配置されている為、降ってきたノートの真下にあるキーを押すように心掛けるとクリアしやすくなる。

ビームが伸びている間キーを押しっぱなしにしなければならない「ロングノート」と呼ばれるノートを搭載。

よりリアルな演奏感を出すことに成功した。

このロングノートは後のBEMANIシリーズにも、「キープ君」(『ポップンミュージック MICKEY TUNES』)、「フリーズアロー」(『Dance Dance Revolution』)、「チャージノート」(『beatmaniaIIDX』)、「ロングオブジェクト」(『SOUND VOLTEX』・『REFLEC BEAT』)、「ホールドマーカー」(『jubeat』)、「ロングポップ君」(『ポップンミュージック』)などの名前で登場することになる。特にIIDXのチャージノートは見た目・性質ともに本作のロングノートに一番近い。

入力デバイスや判定・ゲージの仕様により初心者は勿論、BEMANIシリーズのプレイヤーにも白旗をあげさせる程の難度を有する作品。

これが枷となったのか、制作されたシリーズ作品は全3作に止まり、単発作品を除いたBEMANIシリーズとしては比較的短命に終わってしまった。

「BEMANIシリーズのみならず、他社作品を含めた全音楽ゲーム中でも最も難しい」と評する声も見られる程である。

しかしながらそのリアルな演奏感覚や、突出した良曲の数々に魅せられたファンによる本シリーズへの支持は今尚根強い。

現在に至るまで人気の息が長い作品となっているのも事実である。

大きな人気を獲得できなかった要因として「当時のプレイヤー側のスキル不足」が大きかったという点も考慮しなければならないだろう。

現在はリリース当時と比較してプレイヤー側のスキルも大きく上昇しており、シリーズ復活を望む声は少なからず存在している。

記事の引用元はここをクリック

KEYBOARDMANIA(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【KEYBOARDMANIA(最新無料動画はここをクリック)】