リッジレーサー(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1994年12月3日
【発売元】 ナムコ
【開発元】 ナムコ
【ジャンル】 レースゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

リッジレーサーズ ダイレクト・オーディオ [ (ゲーム・ミュージック) ]

リッジレーサーズ ダイレクト・オーディオ [ (ゲーム・ミュージック) ]
2,935 円 (税込) 送料込
評価 5
(ゲーム・ミュージック)リッジレーサーズ ダイレクトオーディオ 発売日:2007年03月28日 予約締切日:2007年03月21日 RIDGE RACERS DIRECT AUDIO JAN:4988003337650 KICAー1441/2 キングレコード(株) キングレコード(株) [Disc1] 『リッジレーサーズ ダイレクト・オーディ..

リッジレーサー 3D ダイレクト・オーデ [ ゲームミュージック ]

リッジレーサー 3D ダイレクト・オーデ [ ゲームミュージック ]
2,354 円 (税込) 送料込
ゲームミュージックリツジレーサ3デイーダイレクトオー ゲームミユージツク 発売日:2011年06月08日 予約締切日:2011年06月01日 JAN:4582148001362 CD アニメ ゲーム音楽
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

アーケードで大人気を博した『リッジレーサー』の家庭用移植作。

ローンチタイトルでもあり、PSのハードスペックの力強さを見せつけるキラータイトルとしても注目されていた。

なお、ゲーム開始時のタイトル画面のロード中にミニゲームとして『ギャラクシアン』を遊ぶことができる。

高レベルで再現されたAC版の魅力

美麗なグラフィックは健在。

当時最先端の技術だったポリゴン+テクスチャマッピングという技法で描かれたグラフィックはAC版と比較しても遜色はない。

PSという新ハードの性能を十分に見せつけている。

クオリティの高かったBGMもCD音源なため、AC版をそのまま収録。

テクノ系のBGMはどれも個性的で完成度が高く評価されている。

特にタイトル画面で流れるBGMが印象的というプレイヤーは多い。

その中でもmegaten氏の「ROTTERDAM NATION」は他のゲームに無い「ロッテルダムテクノ」である事と、ぶっ飛んだ個性もさることながらリッジ全般の代名詞的な曲として語り継がれている程。

標準コントローラではアクセル・ブレーキの強弱、ハンドルの角度といった細かい操作は不可能だが、別売のコントローラ「ネジコン」に対応。

これにより車のアナログ操作も周辺機器前提ながら再現できている。(発売当時は「アナログコントローラー」は未発売なため、未対応)

レースゲームとしてもAC版の爽快感のあるドリフトはしっかりと再現できている。

上級コースの終盤、壁にぶつからずにアクセル全開で走り抜けた時の爽快感は筆舌に尽くしがたいものがある。

現在のレースゲームでも、ここまでの爽快感を得られるものはそう無いだろう。

使用可能なマシンが1種だけだったAC版から大幅に増加している。

店舗側の設定で使用マシンを変更できたAC版『2』では見た目だけだったが、こちらは性能も異なるため毎回新鮮な感覚でプレイしやすい。

最初に選べる4種は、バランス型・ハンドリング型・加速型・最高速型とそれぞれの特徴が分かりやすく出ている。

AC版の赤いスポーツカー「F/A RACING」もバランス型初期車として健在。

印象に残っているプレイヤーは多いと思われるだろう。

ギャラクシアンをクリアすると、さらに8種のマシンが追加され12種になる。

それにより車を選ぶ楽しみが増す。

モードは初期状態ではAC版と同じく初級、中級、上級、TT(タイムトライアル)の4種類。コースも初級・中級用の「SHORT」と上級・TT用の「LONG」の2種のまま。

しかし全モードをクリアすると、それぞれのモードを逆走で走るエクストラモードが出現。

チェックポイントが1つだけになっていたり、夜になって見通しが悪くなったり、敵が早くなったりと、AC版からやりごたえとバリエーションを増やす工夫がされている。

さらに裏技としてとある操作により各モードで左右全てが反転したミラーコースを走ることができる。

コースだけでなく、看板や車に書かれている文字も反転している。

また、エクストラを解禁した状態でTTのどちらかを選ぶと黒いデビルカー「13th RACING」が乱入してくる。

非常に速いが、勝利すれば最後のマシンとして使用可能に。

その圧倒的な性能は必見。

AC版シリーズに先駆けて、視点切替を実装。

レース中に自車を背後から見ることができる。

使用マシンが増えたのとも相性が良く、使用マシンに愛着が沸きやすい。

ロードがほとんど無く、とても快適。

ゲーム起動時に唯一長いロードがあるものの、ギャラクシアンがプレイできるためそれほど不快感は感じない。

まさに工夫。

車のデザインが架空ながらもどれもかっこいい。

挙動がAC版とは別物。

爽快感は増したが「アーケードからの移植作」としては問題ではある。

全体的に旋回性がAC版のマシンより上だったり、ドリフトや壁に当たったときの減速が大幅に抑えられているなどプレイヤーに有利な変更が多い。

それにより敷居が下がっているため一概に否定することはできない。

ただし、ドリフトした時はかなり癖がある挙動に変更されている。

「終了時にいきなり進行方向が元に戻って急減速」という通常時とドリフト時が一瞬で切り替わる不自然な挙動に。

慣れていないと意表を突かれてミスしやすい。

サイレントドリフトというPS版のみの裏技が存在し、成功させるとドリフト終了時に本来減速するところが逆に加速するようになる。

これを駆使すると本来の最高速度を超えることができ、AC版では考えられない高速走行が可能。

これによりやり込んだタイムアタックはほぼ別ゲーとなっている。

これにより、AC版のファンからはAC版準拠の移植が欲しいという声もある。

残念ながらAC版シリーズはどのタイトルも完全再現の移植が現在でも行われていない。

単なるAC版の家庭用移植に留まらず、ゲームとして発展させる様々な工夫がされている。

またグラフィック・BGM・爽快感を余すことなく再現しており、移植としても文句無しの良作。

最近のゲームと比較すればさすがに画質は見劣りしてしまうが、今買ってもまったく損はしない作品である。

記事の引用元はここをクリック

リッジレーサー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リッジレーサー(最新無料動画はここをクリック)】