ジャンピングフラッシュ!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1995年4月28日
【発売元】 ソニー・コンピュータエンタテインメント
【開発元】 エグザクト、ムームー
【ジャンル】 アクションゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】PS ジャンピングフラッシュ

【中古】PS ジャンピングフラッシュ
498 円 (税込) 送料込
&nbsp;&nbsp;&nbsp; ジャンピングフラッシュ の詳細 メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント 機種名: プレイステーション ジャンル: シューティング 品番: SCPS10007 カナ: ジャンピングフラッシュ 発売日: 1995/04/28 関連商品リンク : プレイステーション ..

【中古】ジャンピングフラッシュ PS SCPS-10007/ 中古 ゲーム

【中古】ジャンピングフラッシュ PS SCPS-10007/ 中古 ゲーム
638 円 (税込)
■タイトル:ジャンピングフラッシュ■ヨミ:ジャンピングフラッシュ■型番:SCPS-10007■機種・種別:プレイステーション ソフト■ジャンル:アクション■メーカー:SCE■発売日:1995/4/28■商品紹介:【中古】ジャンピングフラッシュ PS SCPS-10007/ 中古 ゲーム
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

「元祖とびゲー」を称する一人称視点のACT&STG。

とびゲーを自称する通り、ジャンプが特徴のゲーム。

全体的にコメディチックな世界観。

ステージの作りにもその雰囲気がよく出ている。

移動は基本的なものだけ。

ダッシュはできない。

平行移動も空中でだけできる。

連射力の高い二連装の通常弾を撃つことができる。

射程はかなり長い。

停止した状態なら、上下に狙いをつける事ができる。

さらに特殊兵器を三つまでストック可能。

特殊武器はストックが満タンの場合、新しいものを取ると、一番古いものが捨てられる。

ジャンプが三段階までできる。

一段目のジャンプは水平視線で飛ぶが、二段目以降は真下を見る。

三段目は二段目の頂点付近でしかできない。

落下すれば相手を踏みつぶせる。

高い所からの踏みつけほど、ダメージも高い。

一発で倒せなかった場合は跳ね返る。

その跳ね返りでも、二段ジャンプまで可能。

ダメージ制と残機制の併用。

アイテムには特殊武器の他、回復、無敵などがある。

手に入れるには、ステージに配置されているものを取るか、敵を倒して落としたものを取る。

6つのワールドに3つのステージ。

1つのワールドには3つのステージがあり、1番目と2番目は通常のステージ。

ステージ内にあるジェットポッドを四つ集め、EXITと書かれたジャンプ台にたどり着けばクリア。

1番目のステージだけボーナスステージへの入り口がある。

ボーナスステージでは、時間内に配置されている風船を全て破裂させれば1UP。

最後のステージはボスとの戦い。

相手の体力を0にすればクリア。

ワールド6だけは違い、通常ステージは最初だけで、後はボスとの連戦になる。

ステージ全体は空中に浮いており、限界を超え落下すると体力に関わらず一発ミス。

ジャンプの浮遊感と落下による高さを堪能できる。

二段目以降のジャンプは下を向くため、飛んだ高さが実感できるものとなっている。

三段目までジャンプするとかなりの高さ。

空中に浮いている足場が多く、落下とジャンプを繰り返すゲーム性。

高低差の大きいステージが多いので、落下の臨場感はかなりのもの。

高い程ほど吹き付ける風の音が大きく、これもまた高さを印象づける。

メインの攻撃は踏みつけなので、これまたジャンプへの意識が強くなる。

特定の条件を満たすとエクストラモードをプレイ可能になり、このモードでは六段ジャンプと高速移動が可能になる。

高所恐怖症の人はご注意を。

特殊兵器も使いよう。

三つまでストック特殊兵器は、どれも癖があり使いどころを選ぶ。

効果も特徴的なので、使うだけでもなかなか楽しい。

さらに手に入りやすいので、構成は自分次第。

テーマパークのような数々のステージ。

各ワールドは名所というだけの事はあり特徴がよく出ている。

眺めているだけでも楽しい。

難易度も低いので、時間一杯ステージを堪能するのも悪くない。

BGMも各ステージによく合っている。

あなどれないボス。

難易度低めのゲームだが、ボスだけは違う。

前半こそほどほどの強さだが、後半はロビットを自在に操れないと苦戦する。

和み加減十分なキャラクター達。

悪人の作り上げたロボットとは思えないコミカルなデザイン。

その仕草というか攻撃方法も、ほのぼの感がある。

ワールドをクリアするとデモが挿入される。

このデモがちょっとした子芝居。

ボスロボットを操っていたアロハ男爵の部下、ムームー星人達が場末の飲み屋で管を巻いているというもの。

ムームー星人のデザインも、かわいらしいもの。

本作のマスコットだけの事はある。

ロビットにもクマゴローというAIが搭載されており、ダメージを受けたりアイテムを取る度に声を上げる。

こちらもコミカル。

ステージ自体は難易度が低く、単純にクリアだけを目指すプレイをすると物足らない。

「元祖とびゲー」を自称しただけの事はある、ジャンプを十分に味わえるゲーム。

世界観も親しみやすく、ステージを動き回っているだけでも楽しい。

一方で、ボスはなかなか手ごわく簡単にクリアできるという訳ではない。

そう複雑ではないゲーム性ながらも、独特のプレイ感のあるゲームである。

記事の引用元はここをクリック

ジャンピングフラッシュ!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ジャンピングフラッシュ!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻(最新無料動画はここをクリック)】