ストリートファイター リアルバトル オン フィルム(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1995年8月12日
【発売元】 カプコン
【開発元】 カプコン
【ジャンル】 格闘ゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】ストリートファイターリアルバトル オン フィルム

【中古】ストリートファイターリアルバトル オン フィルム
7,280 円 (税込)
評価 5
【中古】ストリートファイターリアルバトル オン フィルム【メーカー名】カプコン【メーカー型番】【ブランド名】カプコン【商品説明】 こちらの商品は中古品となっております。 画像はイメージ写真ですので 商品のコンディション・付属品の有無については入荷の度異なりま..

【中古】セガサターンソフト ストリートファイター リアルバトル オン フィルム

【中古】セガサターンソフト ストリートファイター リアルバトル オン フィルム
2,310 円 (税込)
評価 5
発売日 1995/08/11 メーカー カプコン 型番 T-1201G JAN 4976219154321 備考 セガサターン(SEGA SATURN)用ソフト 関連商品はこちらから ストリートファイター  ストリートファイター  カプコン 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

1994年に公開された、対戦型格闘ゲーム『ストリートファイターII』を原作としたアメリカ実写映画、『ストリートファイター』の映像を使用した作品。

本作の発売前に1995年5月30日からアーケードで稼働を開始した『ストリートファイター ザ・ムービー』と使用している映像素材はほとんど同じだが、ゲームとしての中身は全くの別物。

本作は『ザ・ムービー』の移植ではなく、改めて日本のカプコンが『スーパーストリートファイターIIX』のシステムをベースにして作り直した作品となった。

動きは『ザ・ムービー』に比べるとかなりカクカクになっているが、プレイに支障が出るほどではなく、従来のシリーズファンに馴染みのシステムを搭載し、見た目に反して落ち着いたゲームとなっている。

また、『ザ・ムービー』で散々ネタにされた俳優自身が演じた声に関しても日本の声優が吹き替えを行ったものになっており、勝利デモでも喋るようになった。

見た目のイロモノっぷりに反してまともな格ゲーとして成立している。

ファンの中でも評価の高い『スパIIX』をベースにしていることもあってか、見た目で敬遠されがちだが格闘ゲームとして十分にプレイに耐えうるものになっている。

当時は『スパIIX』が3DOにしか移植されていなかったという背景もあり、本作を『スパIIX』の代替としてプレイしていたSS・PSユーザーもそれなりの数であったと言われる。

『ストリートファイター』シリーズはまだ移植作品がなく、本作が最初のストリートファイターであったため注目された。

なお、これの次に出たのが『ストリートファイターZERO』である。

主題歌のビデオクリップが収録されている。

ゲーム内で条件を満たすと映画のエンディングテーマである、CHAGE&ASKAが歌う「SOMETHING THERE」の、映画のシーンを挟んだ特別編集版PVが1曲分まるごと鑑賞できるようになる。

BGMは、『ストII』らしいかと言われると困るものの、曲単独で見ると完成度が高い。

ステージの雰囲気に合った曲が多い上に、曲そのものも質が高い。

また、両機種版ともに音楽CDとしても使えるため、CDプレーヤーに入れるとゲーム中のBGMを再生出来る。

言うまでない事だがデータ部分のトラックも入っているため、再生するトラックを間違えると大変なことになりかねないので気をつける必要がある。

本作をバカゲーたらしめている要素の大半を占めるのが、「神秘の武士サムライ」(取説のキャッチコピー)ことキャプテン・サワダである。

映画オリジナルキャラクターであるため当然システム元の『スパIIX』には登場せず、使用できるゲームはAC版『ザ・ムービー』と本作『RBOF』の2作品のみ。

とは言え、『ザ・ムービー』および映画ではガイルの部下の日本人というだけのほとんど目立たない地味なキャラクターであったのだが、本作では他のキャラクターが軒並み『ストII』や『スパIIX』などになぞらえた落ち着いた性能に収まったのに対し、彼だけは映画オリジナルのキャラクターということもあってか、奇妙な技を携えての登場となった。

更に、技名や演出のネタへの走りっぷりが強烈なこともあって、他に類を見ないインパクトを与えた。

中でも特に有名なのが必殺技「獄殺自爆陣ごくさつじばくじん」とスーパーコンボ「カミカゼアタック」の2つであろうが、それ以外の技も演出やネーミングセンスなどのあらゆるところにつっこみ所が満載である。

見た目…と言うよりはサワダのイロモノっぷりが全てをかっ攫ってしまっているゲームではあるが、実際の対戦格闘ゲームとしてもスーパー必殺技に関するシステムに難こそあれど、特別破綻してしまっている点はなく無難に遊べるゲームとなっている。

しかし、アーカイブス化は『カードファイターズDS』ではないが版権の問題もあって難しいとする意見もよく見られ、中古として入手するにも意外と品薄なのか入手が難しかったりするが、実写化されたキャラクターにどうしようもないレベルでの拒絶反応がある、または格ゲーがそもそも苦手などでもなければ、ネタとしてプレイしてみる価値はあると言える。

だが、当時は『スパIIX』の代替としての価値もあったが、今となっては『ハイパーストリートファイターII』等があるためにむしろ『ザ・ムービー』のような別ベクトルで突き抜けているゲーム性のない(=無難に纏まりすぎている)本作の評価は完全にサワダ一点になってしまっているのも事実であり、それ故に正当な評価をされない不遇な作品であるとも言えよう。

●キャラクター
・ガイル大佐
・キャミィ
・キャプテン・サワダ
・チュンリー
・E.本田
・バルログ
・リュウ
・ケン
・ブランカ
・ベガ
・ザンギエフ
・ディージェイ
・サガット
・バイソン将軍
・豪鬼

記事の引用元はここをクリック

ストリートファイター リアルバトル オン フィルム(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ストリートファイター リアルバトル オン フィルム(最新無料動画はここをクリック)】