ビヨンド ザ ビヨンド ~遥かなるカナーンへ~(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1995年11月3日
【発売元】 ソニー・コンピュータエンタテインメント
【開発元】 キャメロット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【PS4 ソフト プレゼントキャンペーン中】 PS4 プレステ4 プレイステーション4 本体 500GB ジェット・ブラック CUH-1000AB01 すぐ遊べ..

【PS4 ソフト プレゼントキャンペーン中】 PS4 プレステ4 プレイステーション4 本体 500GB ジェット・ブラック CUH-1000AB01 すぐ遊べ..
31,980 円 (税込) 送料込
評価 4.6
ご利用前に必ず【決済 配送 返品】欄をご確認ください。 PS4 ソフト プレゼント企画対象商品 《セット内容》 ・本体×1 ・純正 デュアルショック4×1 ・USBケーブル×1 ・HDMIケーブル×1 ・電源コード×1※在庫状況により付属するコントローラーの型番・カラーは異なりますが、プ..

PS初代 本体 純正コントローラー1個 すぐ遊べるセット 選べる型番 SCPH-5000〜9000 互換メモリーカード付 プレステ プレイステーション..

PS初代 本体 純正コントローラー1個 すぐ遊べるセット 選べる型番 SCPH-5000〜9000 互換メモリーカード付 プレステ プレイステーション..
4,080 円 (税込) 送料込
評価 4.45
《セット内容》 ・本体(型番をお選びください)×1 ・純正コントローラー×1 ・純正AVケーブル×1 ・純正電源コード×1 ・互換メモリーカード(ランダム)×1 ※互換メモリーカードのメーカー・カラーはランダムでのお届けとなります。 《状態》 中古品のため、キズ・スレ・多少のヤ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

プレイステーション発売1周年を記念して発売されたRPG。

キャラクターデザインは漫画家の柴田亜美氏。

当時、柴田氏が月刊誌『月刊ファミ通Bros.』(現在は廃刊)で連載していたエッセイマンガ『Gセン場のアーミン。』では、本作の逸話や本作を題材とした4コママンガが描かれていた。

音楽は、現在はトライエース作品やテイルズ オブ シリーズで名高い桜庭統氏が担当。

ポリゴンの背景にドット絵のキャラを立体的に配置し、PS初期の当時としてはなかなか迫力のある戦闘画面である。

プレイヤーキャラや敵キャラが行動する前にボタンを連打することで、クリティカルが発動したり敵の攻撃を回避できるなど、戦闘が有利になる独自のシステム。

これにより「戦闘が単調にならずプレイヤーは飽きることなく、長い冒険を続けていける」と説明書にはあり、パッケージでも「戦闘に参加する興奮があじわえる」とあるように制作サイドではこのシステムをかなりプッシュしていた様子がうかがえるが…。

連打量の目安が一切なく、何も知らない場合、無駄に全力で連射するハメになる。

そのため、コントローラーやプレイヤーの指が破壊される事態が続出した。

さすがに桜庭氏が手掛けた他の作品に比べると聴き劣りするが、BGMは悪くない。

戦闘BGMが豊富。

通常戦闘だけで6つもありダンジョンやストーリー展開によって違うため、飽きにくい。

隠しキャラが3人もおり、探す楽しみがある。

隠しと言ってもメインキャラと同程度の能力値しかないが、そのうち一人は早くから全体攻撃を使える強力なキャラ。

比較的ヒントが多く簡単に仲間にでき、冒険をとても楽に進められるようになるため、探す価値は大いにあると言える。

もう一人は全体攻撃魔法に全体回復魔法、補助魔法が使えるほか、ドミノよりも「VP」が高く通常攻撃もでき、「素早さ」もそこそこあることから、ドミノを外しコチラを選ぶプレイヤーもいる。

アイテムコンプが難しくやりがいがある。

ドロップ限定のアイテムや、探索のみで手に入るレアアイテム。

入手期間の限られる物などがあり、それら全てを入手することは困難を極める。

エンカウントが立て続けに起きるにも拘らず育たない味方キャラ、あまつさえ成長させること自体が損なまでの弱さを発揮するキャラを長く使わざるをえない不条理なまでのゲーム性。

RPGにも拘らず戦闘ごとに超連打を要求する仕様。

挙句の果てには再現性のあるフリーズバグと、はっきり言ってしまえば、何故この規模の開発力で作ってしまった?の一文に集約される。

大量に出荷され、そのクソゲーぶりで知られたためワゴンゲーの代表格になった。

アレンジCDも発売されたが現在は入手困難。

ゲーム自体の投げ売りっぷりとは対照的にこちらはプレミアがついてしまっている。

この手の音楽だけは良いクソゲーによくあることであるが。

続編も計画されていたようで、いくつか伏線を残す終わり方をする…が、こんな有様なので続編は実現しなかった。

記事の引用元はここをクリック

ビヨンド ザ ビヨンド ~遥かなるカナーンへ~(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ビヨンド ザ ビヨンド ~遥かなるカナーンへ~(最新無料動画はここをクリック)】