シュタールフェーダー(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1996年1月26日
【発売元】 サントス
【開発元】 サントス
【ジャンル】 シューティングゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】[PS]シュタールフェーダー(STAHLFEDER) 〜鉄甲飛空団〜(19960126)

【中古】[PS]シュタールフェーダー(STAHLFEDER) 〜鉄甲飛空団〜(19960126)
9,800 円 (税込)
【必ずご確認ください】・アンケートハガキ、オビ、チラシ、ページに記載のない特典などが欠品している場合がございます。・DLコードやシリアル番号等の保証は一切ございません。・ディスク・カードには使用に支障の無い程度の傷がある場合がございます。------------------..

【中古】PSソフト シュタールフェーダー

【中古】PSソフト シュタールフェーダー
9,800 円 (税込) 送料込
発売日 1996/01/26 メーカー サントス 型番 SLPS-00162 JAN 4512168010013 備考 プレイステーション(Playstation)用ソフト 関連商品はこちらから サントス 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

1996年にてサントスがリリースしたプレイステーションソフト。

PSでは割と珍しい、移植ものではない完全オリジナル縦シューティング。

シューティングとしては完全に2Dだが、PSの性能を駆使したポリゴン描写による演出が随所に導入されているのが特徴。

一人プレイ専用。

全6ステージ構成でオプション項目にて三段階の難易度調整(イージー、ノーマル、ハード)が可能。

このゲームは従来のシューティングでは割と珍しく、オプション項目で敵弾の色を複数から変更できる。

変更できる敵弾は「通常弾」「ミサイル」「レーザー」の3つがある。

もっとも、初期状態の色でも十分見やすいので無理に変更する必要はない。

方向キーで自機に八方向移動、ボタンは各自「ワイドショット(×ボタン)」「レーザーショット(□ボタン)」「ボムボタン(○か△ボタン)」に使用する。

ワイドショットは攻撃範囲重視のメインショットであり、ボタン押しっぱなしのオート発射で無制限に撃てる。

レーザーショットは火力重視のメインショットであり、これもボタン押しっぱなしのオート発射で無制限に撃てる。

ワイド/レーザーの各ショットは同時に撃つ事はできない。

よって、状況によってショットを使い分ける必要がある。

要はショットが各機体毎に2種類用意されているものと思ってもらっても差し支えない。

各ステージをクリアすると、ライフが回復するボーナスがある。

シューティングの土台としては特に不備はなく、操作性もわかりやすくて無難に遊べる出来。

ショット2種類とボムというオーソドックスな操作であり、シューティング初心者でもすぐに入り込める馴染みやすさを持っている。

グラフィック周りは視覚的に見やすい外観で事の状況を把握しやすい。

また、敵弾の色変更が可能で、プレイヤーに対する視覚面での配慮はきちんとなされている。

好意的に解釈すれば難易度は低めで初心者に優しい作りである。

もちろんゲームバランスの悪さは擁護できないが、それでも適度に敵を破壊する爽快感や敵弾を避ける面白みは持っている。

慣れれば初心者でもノーコンティニューできるお手軽さはある。

BGMのクオリティは普通に高い。

作曲は益子重徳氏と玉山文人氏が手掛けている。

ゲームとしてはお世辞にも完成度が高いとはいい難いが、複雑さを極力廃したシステムと低めの難易度で遊びやすいという見るべき面もある。

本作の経験が功を奏したのか、同社の次回作『エアグレイブ』は、本作よりは高めの評価を受ける事になる(こっちも決して褒められる出来とはいえないが…)。

記事の引用元はここをクリック

シュタールフェーダー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【シュタールフェーダー(最新無料動画はここをクリック)】