ゲックス(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1996年3月8日
【発売元】 BMGビクター
【開発元】 Crystal Dynamics
【ジャンル】 アクションゲーム

[game-jyou]

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

3DO ゲックス

3DO ゲックス
6,060 円 (税込) 送料込
【新品・未使用・未開封】*ネコポスもお選びいただけます。ただし、下記の場合はネコポス対応できません。◆あす楽配送をお選びいただいた場合。◆代引をお選びいただいた場合。◆2点以上お買上げいただいた場合。(宅配便にて同梱発送いたします) 

【中古】3DOソフト ゲックス【都城店】

【中古】3DOソフト ゲックス【都城店】
2,750 円 (税込)
商品名 ゲックス メーカー BMGビクターカブシキカイシャ 内容物 ケース、ディスク、取扱説明書 状態 中古、初期動作確認済みです。 ケースにスレ傷、説明書にスレや汚れ、傷みがございます。 JANコード 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

BMGビクターより1996年3月8日に発売されたPlayStation用のアクションゲーム。

『トゥームレイダー』、『Legacy Of Kain』シリーズなどで有名なCrystal Dynamicsが手がける、『スーパーマリオブラザーズ』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などの流れを組む2Dアクションゲーム。

テレビの世界に吸い込まれた主人公、ヤモリのGexがヤモリらしい長所を生かして、メディアワールドの世界の支配者であるRezを倒すために、冒険するゲームである。

海外では人気のシリーズとなり、続編が発売されている。

日本でもPSで(キャラは差し替えられてはいるが)その続編はプレイ可能。

サイドビューのアクションゲーム。

ダメージ制と残機制の併用。

ただし、毒沼やステージ外へ落下など、一発死するものも用意されている。

アクションは多彩。

移動だけでも。

通常の移動の他、ジャンプ、ダッシュ、壁移動がある。

攻撃はアイテムを使った飛び道具と、尻尾を使った各種アタック。

ステージには各種アイテムがちりばめられている。

虫の形をした飴がアチコチにあり、これを100個集めると残機が増える。

『スーパーマリオブラザーズ』系統の伝統。

多彩なアクション。

『マリオ』、『ソニック』系統のサイドビューアクションではあるのだが、それらよりずっと多くのアクションができる。

操作するボタンも多い。

本作の最大の特徴は壁に張り付くアクション。

ステージ中にあるほとんどの壁は張り付いて上ることが可能。

垂直な壁面はもちろん、天井なども。

さらにサイドビューのゲームなら、普通は背景となる画面奥の壁にも貼り付ける。

この時は、画面を文字通り縦横無尽に動ける。

これらにより、敵の多い場所を天井に張り付くことで避けたり、壁から壁へと飛び移る高度なアクションが要求されたり、上下方向の分かれ道へと進んでみたり…と自由度がかなり高い。

さらに泳ぐ事もできる。

もっとも、水の中を飛び跳ねるといった感じで、自在に泳ぐという訳にはいかない。

だがこの独特の浮遊感が、地上とはまた違ったゲーム性を出している。

攻撃の基本は尻尾で叩くアクションだが、姿勢により様々に変わる。

特にジャンプ中は下への攻撃となり、当たると跳ねる。

ステージによっては、敵を踏みつけるアクションを駆使してジャンプし、敵から敵へと飛び移って即死の穴を超えるなど、シビアな操作が要求される場面もある。

飛び道具を撃てるようになると、食べるアクションによって口から火や稲妻が出る様になる。

中でも面白いのが相手を凍らせる液体。

凍った敵を踏み場にして、さらに高い場所へと飛び移るというアクションができる。

特色の良く出ている各ステージ。

五つのワールドは、デザインはもちろん、攻略のテーマ性もよく特徴が出ている。

さらに各ステージには隠しステージ、隠れ通路などがあり、これを探すのも面白い。

当時次世代機と言われたゲーム機だけあり、グラフィックはなかなか綺麗。アニメーションもヌルヌル動く。

各ワールドは箱庭のようなデザインになっている。

これがまさしく箱庭らしい、細かな描写に溢れている。

ゲックスのアクションは非常に豊富。

攻撃や移動している時は当然として、待機状態、スタート時ですらいくつもアクションパターンがある。

さらに壁端に立つと落ちそうになるのをなんとか耐える姿など、芸が細かい。

アクションだけではなく、台詞も多い。

とにかくよくしゃべる。

アメリカのゲームらしく軽口がかなり多い。

それが各アクションで複数。

スパイダーマンのテーマを口ずさんだり、なんてものもある。

難易度の高いゲームではあるが、それに合わせる様に回復アイテム、1UP、飴が豊富。

そう簡単にはゲームオーバーにはならない。

慣れて来ると、あっさりと残機が限界一杯になってしまうほど。

いかにも洋ゲーらしさに溢れているアクションゲーム。

だが、そのゲーム性は侮れない。

『スーパーマリオブラザーズ』系にしてはアクションが多いが、この多彩なアクションを使いこなし数々の障害をクリアしてく面白さはなかなかのもの。

また動きの滑らかさも、16ビット機とは一線を画す。

記事の引用元はここをクリック

ゲックス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ゲックス(最新無料動画はここをクリック)】