クロックタワー2(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1996年12月13日
【発売元】 ヒューマン
【開発元】 ヒューマン
【ジャンル】 アクションアドベンチャーゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】[PS]クロックタワー2(CLOCK TOWER 2 SECOND)(19961213)

【中古】[PS]クロックタワー2(CLOCK TOWER 2 SECOND)(19961213)
679 円 (税込)
【必ずご確認ください】・こちらは内容物の状態及び動作に問題のない中古商品となります。・外箱やパッケージに経年変化による軽度な擦れや、汚れ等がある場合がございます。・ディスク/カード/カセットには使用に支障のない程度の傷がある場合がございますが、プレイ自体に..

【中古】[PS]クロックタワー2(セカンド) PlayStation the Best(SLPS-91056)(19980319)

【中古】[PS]クロックタワー2(セカンド) PlayStation the Best(SLPS-91056)(19980319)
754 円 (税込)
【必ずご確認ください】・こちらは内容物の状態及び動作に問題のない中古商品となります。・外箱やパッケージに経年変化による軽度な擦れや、汚れ等がある場合がございます。・ディスク/カード/カセットには使用に支障のない程度の傷がある場合がございますが、プレイ自体に..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

ヒューマンより1996年12月13日に発売されたPlayStation用のアクションアドベンチャーゲーム。

SFCで発売されたアドベンチャーゲーム『クロックタワー』の続編。

ダリオ・アルジェント監督のサスペンスホラー映画『フェノミナ』と『サスペリア』を下敷きにしたゴシックホラー調の世界観がベースであった前作に対し、今作ではサイコホラーサスペンス調の世界観を取り入れ、平穏な日常が殺人鬼の出現によって一瞬にして非日常に変貌してしまう恐怖を描き出している。

ハードがPSに移った事でグラフィックとサウンド・演出面が強化され、前作以上にパワーアップした。

本作では、全3章のシナリオが存在し、インターミッションモードとシナリオ本編の2つから構成されている。

インターミッションは、次のシナリオへ進む為にキャラクター同士で会話をしてフラグ立てをしていく。

日常と非日常の対比がテーマとなっている本作における日常のシーンであり、全て日中の明るい時間帯で進みシザーマンは出現しない。

時折現れる選択肢によってシナリオが分岐し、シナリオの流れに影響を及ぼす。

場合によってはバッドエンド確定でやり直さなければならなくなることもある。

フラグを立て終えるとシナリオ本編へ移行し、シザーマンの出現をもってゲーム本編が開始される(ヘレン編の第3章を除く)。

エンディングはジェニファー編、ヘレン編双方で5種類ずつ、計10種類のマルチエンディング方式。

それぞれA~Eの5つ、全10種類。

ランクD以外のエンディングにはムービーが用意されており、スタートメニューのエンディングリストからいつでも閲覧可能である。

特定のクリックポイントをクリックする又は撃退後の時間経過による確率抽選でシザーマンが出現し、BGMが鳴り響くと共に 逃走状態 に移行する。

この状態中はシザーマンの撃退及び回避に有効なオブジェにしかクリックポイントが発生しなくなり、完全に撃退・回避しないかぎり逃走状態は継続する。

ジェニファー編の最終章では逃走状態中に特定の場所に行き、どこかのクリックポイントをクリックすると今まで入れなかった部屋に入れるようになる。

回避ポイントは特定の場所に隠れてやり過ごす形となるが、本作では回避ポイントと見せかけた罠や特殊な手順を踏まなければ回避できない罠が多く設けられており、一筋縄では行かなくなっている。

本作ではシザーマンがリアルタイムで追ってくるようになっており、前作に存在した『シザーマンが侵入してこない安全地帯』も極一部を除いてなくなった。

このため前作で使えた「扉に出入りして仕切り直し」のテクニックが不可能になり、じっとしているとすぐ追い詰められてしまう。

3D化により、立体化されたキャラクターとカメラワークが映画的臨場感を盛り上げている。

本作ではホラー映画全般からキャラクターのモチーフやイメージを取り込んでおり、ホラー映画ファンをにやりとさせてくれる。

シザーマンの出現により、日常的に見慣れたはずの場所が瞬く間に非日常的空間と化していく恐怖感と、無骨なポリゴングラフィックが醸し出す独特なホラー映画的空気感が、前作とは一味違った雰囲気を演出している。

主人公が2人になった事で、同じステージでもストーリー展開と謎解きの手順が異なる「二度美味しい」作品となった。

それぞれのシナリオでサブキャラクターを操作する機会もあるので、プロローグを含めれば操作キャラは全5人である。

本作のシザーマンは、コートを着込んで更に巨大で無骨なハサミを構え、片足を引きずりながら鋭い開閉音を鳴らして無言で殺しに掛かって来る。

3D描写により様々なアングルから描写される臨場感も相まって、より恐怖感が増した。

神出鬼没ぶりは前作譲りで、登場時の恐怖を煽る演出にも一段と磨きがかかっている。

前作に比べ、死亡描写はかなり直接的でグロいものが多く、プレイヤーの恐怖感をさらに盛り上げる。

シザーマン出現イベントを始め、舞台となるダンジョンはどこも恐怖演出がてんこ盛り。

前作同様、殺人犯から逃げるというゲーム性がメインになるが、シザーマンの正体にまつわる伏線もさりげなくちりばめられており、注意深く見ていくとそれとなく正体を察することができるようになっている。

独特な洋画ホラー的な空気感と雰囲気は前作からそのまま引き継がれており、3D化を取り入れることで前作の持ち味であった映画的演出がうまく活かされている。

OPムービーで「恐怖がおもしろい」と表される通り、独特の敵モンスター「シザーマン」が持つインパクト、徹底したビジュアルデザイン、「喧騒と静寂」をコンセプトにしたサウンド、またホラー映画や実在の猟奇殺人犯のパロディ要素が多くのホラーファンに受け入れられ、ホラーゲームの代表作品の一つとなった。

ホラーゲームファンはもちろん、ホラー映画が好きな人にもぜひおススメしておきたい1作である。

●ストーリー
前作から1年後。
バロウズ邸で発生した猟奇殺人事件は「クロックタワー事件」と呼び習わされ、事件の生還者ジェニファーが証言する不死身の怪物はマスコミによって「シザーマン」と名づけられ、恐怖のシンボルとして巷の若者達の間で取りざたされていた。
ジェニファーはオスロ大学の助教授ヘレンに引き取られて姉妹のように仲良く暮らし、徐々に落ち着きを取り戻しつつあった。
一方、ヘレンの恩師バートン教授は、彼女の証言する事件の犯人「シザーマン」を恐怖が生み出した妄想と決め付けつつも、犯人像の割り出しに手間取り、真実を知る為として催眠治療によって彼女の記憶をムリヤリ引き出そうとし、そんなやり方にヘレンは反感と疑問を抱いていた。
そんなある日。
ジェニファーがバロウズ邸での戦いで葬り去ったはずのシザーマンが再び現れ、血と恐怖に塗れた非日常へと人々を引きずり込んでゆく……。

記事の引用元はここをクリック

[game-1]

クロックタワー2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【クロックタワー2(最新無料動画はここをクリック)】