トゥルー・ラブストーリー(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1996年12月13日
【発売元】 アスキー
【開発元】 ビッツラボラトリー
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】[PS]トゥルー・ラブストーリー Remember My Heart(リメンバー マイ ハート)(19971211)

【中古】[PS]トゥルー・ラブストーリー Remember My Heart(リメンバー マイ ハート)(19971211)
571 円 (税込)
【必ずご確認ください】・こちらは内容物の状態及び動作に問題のない中古商品となります。・外箱やパッケージに経年変化による軽度な擦れや、汚れ等がある場合がございます。・ディスク/カード/カセットには使用に支障のない程度の傷がある場合がございますが、プレイ自体に..

【中古】PS トゥルー・ラブストーリー

【中古】PS トゥルー・ラブストーリー
512 円 (税込) 送料込
&nbsp;&nbsp;&nbsp; トゥルー・ラブストーリー の詳細 メーカー: アスキー・メディアワークス 機種名: プレイステーション ジャンル: シミュレーション 品番: SLPS00586 カナ: トゥルーラブストーリー 発売日: 1996/12/13 関連商品リンク : プレイステーション アスキー・メ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

アスキーより1996年12月13日に発売されたPlayStation用のシミュレーションゲーム。

ギャルゲーブーム最盛期に発売された恋愛シミュレーションゲーム『トゥルー・ラブストーリー』の第一作。

シリーズが今なお存続している数少ないブーム期作品であり、新しいギャルゲーの方向性を示した。

メインヒロインに『ときメモ』声優として有名な菊池志穂を配したこと、高校を舞台にしたギャルゲーであることから、当時乱発されていた『ときめきメモリアル』の二番煎じだと発表当初は言われていた。

それだけならまだしも、『センチメンタルグラフティ』の発売を翌年に控えていたり、作品自体がとにかく地味だったりで、ほとんど話題にならないまま発売を迎える。

だが、発売されるやいなや、独特な作風と「地味」はむしろ作品の個性となり、『ときメモ』や『サクラ大戦』に次ぐ第三勢力の一つとして認知されるほどになる。

その後シリーズ化した『TLS』は、現在まで続く歴史の基礎を打ち建てた。

ある日、親の転勤により、転校することを突然知らされた主人公。

最後の思い出のため、転校まで残された一ヶ月を恋人作りに奔走する。

同様に転校までに恋人を作る、と言う内容では『初恋物語』が挙げられる(「ときめきメモリアル」同様、初期ギャルゲーの祖ともいえる存在)。

ヒロインは固定キャラ5人+季節限定キャラ1人(全キャラ9人)で構成され、選択した季節によって一部登場するキャラクターが変わる。

また、季節限定のイベントもある。

一日の流れは、起床→登校(一日の行動設定)→下校(下校会話)→夜(日数進行・好感度チェック・セーブ)からなる。

一日は、休み時間・昼休み・放課後1・放課後2で構成され、それぞれ移動を設定する。

放課後2から帰ることも出来、学校内に加えて街中へ行くことも出来る。

ここでヒロインと会うと会話が発生し、好感度が上がる。

また、移動場所によっては好感度・ステータス諸条件によってランダムでイベントが発生する。

帰宅後、妹の「みさき」の部屋に訪れることで、好感度をチェックすることができる。

好感度は正方形の散布図で表示され、上に行くと友達度、左に行くと憧れ度の高さを表す。

多くのキャラは上昇の仕方がどちらかにあらかじめ設定されており、最大値になると左上に到達する。

本作のみならず本シリーズ及び後継諸作品にも共通し、なおかつ最大の特徴。当時のアニメやギャルゲーといえば、原色を多用したカラフルなキャラクターが主流だった。

本作のキャラクターは、例えば、髪なら黒かったり少々色素が薄い程度と全員「普通」の見た目である。

もっとも、絵柄自体はデフォルメの効いたアニメタッチであるし、現在では珍しいことではない。

しかし、発売当時はこれだけでも強い独自性だったのだ。

後に『グランディア』を手がける岩垂徳行氏が担当した音楽はどれも高品質・高評価で、メインテーマから泣かせる。

また、演出とシナリオの関係上ゆったりとしたバラードが多い。

物語自体は「転校するまでに彼女を作ってやる!」という身も蓋もないものだが、それを見事に隠すのが、作品全編に漂う物悲しい雰囲気である。

当時はもちろん現在でも人気の声優を多く起用しているため、安定した演技が望める。

従来のギャルゲーから敢えてゲーム要素をオミットし、残った恋愛要素に最大限のエネルギーを注ぎ込んでキャラクター・演出・雰囲気に特化。

一方で女の子との交流で恋愛するという、ある意味本当の意味での恋愛「シミュレーション」としての面白さを追及した本作は、ギャルゲーに新たな可能性を示した作品である。

●キャラクター
・桂木 綾音(声優 : 菊池志穂)
・広瀬 のぞみ(声優 : 藤野かほる)
・後藤 育美(声優 : 豊嶋真千子)
・本多 智子(声優 : 久川綾)
・南 弥生(声優 : 丹下桜)
・春日 千晴(声優 : 横山智佐)
・天野 みどり(声優 : 池澤春菜)
・草薙 忍(声優 : 緒方恵美)
・水谷 由梨香(声優 : 吉田愛理)
・みさき(声優 : 西村ちなみ)
・三上 冴子(声優 : 井上喜久子)

記事の引用元はここをクリック

[game-1]

トゥルー・ラブストーリー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【トゥルー・ラブストーリー(最新無料動画はここをクリック)】