リンダキューブ アゲイン(プレイステーション・PS1)の動画を楽しもう♪

【発売日】 1997年9月25日
【発売元】 ソニー・コンピュータエンタテインメント
【開発元】 アルファ・システム
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【中古】 リンダキューブ アゲイン / ソニー・コンピュータエンタテインメント【メール便送料無料】【あす楽対応】

【中古】 リンダキューブ アゲイン / ソニー・コンピュータエンタテインメント【メール便送料無料】【あす楽対応】
5,590 円 (税込)
EANコード:4948872100397■こちらの商品もオススメです ● PlayStation the Bestクロックタワー2 / ヒューマン ● BIO HAZARD 2 DUAL SHOCK Ver. / カプコン ■通常24時間以内に出荷可能です。※繁忙期やセール等、ご注文数が多い日につきましては 発送まで48時間かかる場合が..

【PS】 リンダキューブ アゲイン 説明書なし【中古】プレイステーション プレステ

【PS】 リンダキューブ アゲイン 説明書なし【中古】プレイステーション プレステ
5,980 円 (税込)
商品説明商品状態ケース:ケースに少々スレあり。紙ジャケットにやや色アセ・汚れあり。ソフト:研磨済み。説明書/解説書:なし。商品説明こちらの商品は、中古商品になります。初期動作確認済みです。 出品前と発送前に動作確認を行い、外観、ディスク等のクリーニングを致..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明は『Wikipedia』より)

ソニー・コンピュータエンタテインメントから1995年10月13日に発売されたPlayStation用のロールプレイングゲーム。

PCエンジンの名作『天外魔境 ZIRIA』『天外魔境II 卍MARU』で不気味かつ骨太なシナリオを描いた桝田省治と、後に『ガンパレード・マーチ』で一躍有名になるアルファ・システムが手掛けたRPG。

プレイステーション版リメイクの『リンダキューブアゲイン』は、ゲーム性、シナリオ両面でバランスが修正されており、販売状況や入手環境といった要因からリメイク元よりも有名になってしまった感がある。

設定、システム、ストーリーと全てにおいて一般的なRPGとは一線を画している。

説明書や公式サイトでもくどいほど「王道RPGとの違い」が強調されている。

タイムリミットまでに動物を集めることがゲームの目的。

動物を一定数捕獲して箱船に登録する。

ゲームクリアの条件はこれだけである。

そしてそのためにはどんな手順を踏んでもいいし、動物集めさえ達成できるなら、それ以外にどこに行って何をしてもいい。

本作はA・B・Cの3つのシナリオが存在する。

A「メリークリスマス」、B「ハッピーチャイルド」、C「アストロアーク」の3つ。

各シナリオは世界設定が多少異なるパラレルワールドのような関係にあり、それぞれストーリー内容、箱船への動物登録数のノルマ、行ける場所などが違う。

動物集めの楽しさと自由度の高さ。

確かに捕獲をしないとクリアできないし、それ自体も面白い。しかし動物を捕獲することで、収集のみでなく冒険や育成の楽しさを同時に味わえる作りになっている。

大抵の動物はフィールドやダンジョンにいるが、入手が難しい動物もいる。

ボスのように奥に陣取るのはまだ良い方で、年数が経つと絶滅したり特定の状況や状態じゃないと出遭えない動物もいる。

コンプリートは一筋縄ではいかない。

無一文にならないと出現しない、タイムリミットギリギリになってやっと捕獲可能、と言ったご無体な動物も。

ノーヒントでのコンプリートは正に至難の業である。

捕獲手段も戦闘で倒す以外に、マップ上に罠を仕掛ける、動物商から買う、ハンターに依頼する、卵から孵化させたり等と様々な方法がある。

本作では原作でのビジュアルシーンがフルアニメーションによってリメイクされており、生理的・心理的にドギツイ展開がより一層の生々しさと共に繰り広げられていくことになる。

シビアなだけではない、笑える要素も少なくなく、単なる鬱ゲーに留まらない作りにもなっている。

独特過ぎるシステムや設定、狂気的な演出、鬱展開の数々は当然ながら人を選ぶ。

ハマる人はとことんハマるが、合わない人にはまず合わない。

本作におけるモンスター、どこかグロテスクだったり奇抜だったりと地球上の生物とは似ても似つかない不気味な集団である。

こういったデザインに見過ぎて美的感覚が崩壊した所為で不思議な魅力を感じるプレイヤーも多い一方、やはり苦手な人に生理的嫌悪感を植え付けかねない点は否めない。

グラフィック面では前時代的でチープと捉えられてしまうところは否めないが、開発者の語る通り、RPGとしての特徴である戦闘・育成・収集の楽しさが「動物集め」の一点に凝縮されており、「種の保存」という作品テーマと相まって、既存のRPGの枠にはまらない独特な魅力を内包している。

アクの強いシナリオが目立つが、鬱だけに留まらない様々な要素もあり、合う人ならばこの作品の持つ不思議な魅力を感じ取れることだろう。

独特な個性と過激な表現で人を選んでしまう側面はあるものの、人によってはとことんハマるタイプのゲームと言えよう。

記事の引用元はここをクリック

[game-1]

リンダキューブ アゲイン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【リンダキューブ アゲイン(最新無料動画はここをクリック)】