ホーガンズアレイ(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1984年6月21日

【発売元】 任天堂

【メディア】 192キロビットロムカセット

【ジャンル】 光線銃シリーズ

[csshop service=”rakuten” keyword=”ホーガンズアレイ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

私の感想

このゲームはプレイしたことがなかったですね~

光線銃シリーズは3本あるのですが、これだけは未経験でした。

昔のドラマなどで、銃の練習に使われていたようなゲームですね。

標的が出て、悪者だけを撃つって感じなんだね♪

あなたは、遊んだことがありますか?

概要 (説明はWikipediaより)

現れるパネルの中から瞬時にギャングを判別し、射撃するゲーム。

パネルは他に警察官、市民(女性、教授)が登場する。

記事の引用元はここをクリック

[game-2]

ゲーム内容 (説明はWikipediaより)

GAME Aではパネルの出る場所が常に3カ所に固定されている。

GAME Bでは画面が上下に区切られた市街地のビルの窓や隙間からパネルが現れる。

他にGAME Cでは空き缶をトリックショットで落とさずに移動させるゲームもある。

記事の引用元はここをクリック

[game-3]

ファミリーコンピュータ用光線銃シリーズ (説明はWikipediaより)

1984年にファミコン上でガンシューティングゲームを再現するための光線銃型コントローラ「ガン」及び専用ゲームソフトが光線銃シリーズの名で発売された。

トリガーを引くとゲーム画面がターゲットの位置のみ白く表示される識別用の画面に切り替わり、銃口のセンサーがこれを感知して命中判定を行う。

この識別用画面の表示は一瞬のため、人間の目には画面がちらつく程度にしか認識されない。

液晶テレビやワイド画面では作動せず、ブラウン管テレビでしか作動しない。

記事の引用元はここをクリック

[game-4]

ホーガンズアレイ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ホーガンズアレイ(最新無料動画はここをクリック)】