チャンピオンシップロードランナー(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年4月17日

【発売元】 ハドソン

【ジャンル】 アクションパズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”チャンピオンシップロードランナー” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アクションパズルゲーム『ロードランナー』(1983年)の続編である。

穴を掘りロボットを埋め、画面内にある全ての金塊を回収するアクションパズルゲームである。

アクション性よりも、むしろ消したブロックの復活のタイミングや ロボットの動きを正確に理解した上で、難解パズルを解いていくのがメイン。

画面も1画面完結でないため、隅々まで金塊を捜す必要があり、全部金塊を回収しても別の画面へ移動してゴールを見つけなければクリアできない。

ロードランナーの上級編で、システムやルール、パッケージイラストは前作と同じである。

BGMはないが、効果音でBGMに近い音を出している。

ファミリーコンピュータ版発売当時、早解コンテストが催され、ステージ11~ステージ50までのパスワードを全て送ると、HUDSONチャンピオンシップロードランナー審査委員会から「チャンピオンカード」というゴールドの認定証が発行された。

この認定番号は、早くクリアしたほど番号が若く、当時ハドソン社員だった高橋名人の番号は39050番である(mixiにおける2008年12月5日の高橋の日記)。

また、全部で50ステージがあり、最初の10ステージは好きな順番でクリアできる。

それ以降は1ステージクリアするごとに次のステージのパスワードが表示され、順にクリアしていかなければならない。

パスワードはブロックなどの絵で描かれており、全てのパスワードをまとめると、最終ステージ50のマップになっている(ファミコン版のみ)。

なお、チャンピオンカードは50ステージ全てをクリアしたことを証明するものとされ、各ステージのパスワードを送ることが条件だが、ステージ50をクリアしてもパスワードは表示されず審査の対象外だったため、実際はステージ49までクリアすれば貰う事が出来た。

記事の引用元はここをクリック

チャンピオンシップロードランナー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【チャンピオンシップロードランナー(最新無料動画はここをクリック)】