超時空要塞マクロス(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1985年12月10日

【発売元】 バンダイ

【価格】 4,900円

【ジャンル】 シューティングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”超時空要塞マクロス ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

TVアニメ『超時空要塞マクロス』の大ヒットを受けて製作された劇場版アニメ『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』のキャラゲー。

販売はバンダイだが、制作はナムコで、カートリッジ形状もナムコット。

ナムコのファミコン用ソフトの広告カタログに別枠で紹介されていることもあった。

即死制横スクロールシューティング。

制限時間内に敵戦艦内に到達し、戦艦を破壊するのが目的。

エネルギー+残機制。

1つのステージは宇宙空間・敵戦艦内部の二部構成。

後半の敵戦艦内部ではタイマーがあり、0になるとエネルギーが減っていく。

敵戦艦を破壊すれば残りタイムとエネルギーが得点に還元されステージクリア。

メインBGMの「小白竜」は再現度が高く、元々この曲が軽快でテンポも良いので耳に残りやすい。

マクロス最大の特徴である変形をゲームシステムに直結させるアイデアは見事。

バトロイドとガウォークの使い勝手が良いものの、スクロール速度を変化させることで、ファイターの設定上の強みである「機動力の高さ」をシステムとして再現し、プレイヤーに使い分けを求めている。

ファイターで突撃し、ガウォークで牽制し、バトロイドで駆逐迎撃するという、原作の展開をプレイヤーに自然と再現させるマクロスらしいシステム。

記事の引用元はここをクリック

超時空要塞マクロス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【超時空要塞マクロス(最新無料動画はここをクリック)】