マルサの女(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年9月19日

【発売元】 カプコン

【価格】 5900円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

【プロデューサー】 伊丹十三

【キャラクター】 TAKE、YAN、VAMPAIRE M、SUZY

【プログラマー】 BLACK.A、TON、ZAC

【ミュージック】 TAMA(河本圭代)

【サウンド】 PERO

【シナリオ】 PROBIT

【プランナー】 MIC、KEN

【ディレクター】 ARTHUR.T(藤原得郎)

【スペシャル・サンクス】 黒沢清

[csshop service=”rakuten” keyword=”マルサの女 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年9月19日にカプコンから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。

映画『マルサの女』を原作としたアドベンチャーゲームである。

同映画の監督を務めた伊丹十三が監修を行い、映画監督の黒沢清も制作に関わっている。

映画『マルサの女』のシナリオを元に、あまり詳しく描かれていない伏線を重視した作りになっている。

映画版と同じ登場人物も多く出てくるが、細かい部分で設定が異なる。

電車を利用しての移動を行う「全体マップ」、斜め上から見下ろすような形のトップビュー視点による「町マップ」、建物内部でのコマンド選択式による調査を行う「内装モード」の3つの要素から成り立っている。

記事の引用元はここをクリック

マルサの女(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マルサの女(最新無料動画はここをクリック)】