北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年10月19日

【発売元】 東映動画

【価格】  6,200円

【メディア】 2.64メガビットロムカセット

【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

【エグゼクティブ・プロデューサー】 平尾三喜

【プロデューサー】 SHOICHIRO IDE

【アシスタント・プロデューサー】 YOSHIHIKO TAKEDA

【デザイン】 KENICHI SUZUKI、MAKOTO HIGA

【プログラマー】 MASAHIRO YOSHIHARA、YASUHIDE SAKAKURA

【ミュージック】 J-WALK MITSUYASU(知久光康)

【エフェクト・サウンド】 YAYOI SUZUKI

[csshop service=”rakuten” keyword=”北斗の拳3 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年10月19日に東映動画より発売された。

ジャンルは前作と異なりアクションからRPGに変わった。

内容は原作にほぼ近いストーリー展開となっている。

前半はジードの襲撃にはじまり南斗六聖拳士、世紀末覇者拳王との戦い、後半は天帝編および修羅の国においてカイオウを倒すまでの全編2部構成にわたり、テレビアニメで映像化されたところまでがゲーム化されている。

ケンシロウがリンとバットなどを仲間に加えながら最大4人パーティで、ザコ敵を倒してレベルを上げボス戦に挑む。

また、武器や防具なども購入しながら進行。

離れた地域への移動は地図を購入し場所を覚えワープする方法が採用された。

なお戦闘モード時は、ザコ戦のみパーティで戦うがボス戦は1対1で戦わなければならない。

なかでも戦闘シーンのBGMは趣向が凝らされ、4段階の音楽が用意されていて重要度に合わせて変化する。

ザコ戦では一律同じの標準BGM、その後一般ボス戦闘モードのBGMが用意されるが、シン、サウザー、ファルコ、ハン、ヒョウの戦闘シーンでは専用のBGMとなり、更にラオウ、カイオウ戦でもBGMが変るという趣向をみせた。

なお、ケンシロウとパーティを組んだ特定のキャラクターも1対1の戦闘モードに登場、ラオウ対レイ、レイ対ユダ、ラオウ対トキの戦闘も忠実に再現。

ただしオートバトルのイベントとして処理され操作はできない。

ストーリーは原作に近いが、キャラクターのグラフィックはアニメ版の顔に近い。

記事の引用元はここをクリック

北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝(最新無料動画はここをクリック)】