田代まさしのプリンセスがいっぱい(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年10月27日

【発売元】 EPIC・ソニー

【価格】 5,500円

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”田代まさしのプリンセスがいっぱい” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

田代まさしをフィーチャリングしたアクションゲーム。

1989年5月26日にHAL研からMSX2版が、同年10月27日にはエピックソニーレコード(現: EPIC Records JAPAN)からファミリーコンピュータ版がそれぞれ発売された。

ハッピーエンド1種、バッドエンド4種のマルチエンディング方式を採用している。

ゲーム発売後、エピックレコードジャパンはゲーム事業を廃業し、ハル研究所は任天堂傘下に入り任天堂のプラットホームで発売された以外のゲーム情報はサイトに全く掲載されていないため、各社のサイトにはこのゲームの情報が一切記載されていない。

加えて作品の主人公になった田代まさしが相次ぐ覚醒剤事件により事実上タレント生命を断たれているためバーチャルコンソールなどでの復刻も望めず、幻の作品となりつつある。

ストーリーは主人公である田代まさしがヨーヨー片手に4人のお姫様を救出しに向かうというもの。

お姫様のオーディションで話題となるが、オーディションから発売までの期間が長く、売上本数的にはさほどでもなかったとされる。

具体的なゲームシステムは、1989年当時のキャラゲーとしては一般的な横スクロールアクションゲームであるものの、最終面はトップビューの『ゼルダの伝説』風アクションゲームとなる。

妙な慣性の付くジャンプに代表される全体的な難易度など、その完成度については疑問視する意見も多く、よくある一般的なキャラクターゲームとして認知されている。

記事の引用元はここをクリック

田代まさしのプリンセスがいっぱい(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【田代まさしのプリンセスがいっぱい(最新無料動画はここをクリック)】