ザ・ロードオブキング(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1989年12月21日

【発売元】 ジャレコ

【メディア】 2メガビットロムカセット

【ジャンル】 アクションゲーム

【企画、デモコンテ】 川野一博

【グラフィック・アーティスト】 加藤友子、小宮山慶太

【スクリーン・アニメーション】 加藤友子、川野一博

【音楽】 せりーぬ田崎(田崎寿子)

【プログラム】 ぼっ、ぼくなんだなあー

【サウンド・ドライバー】 澤和雄

[csshop service=”rakuten” keyword=”ザ・ロードオブキング ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1989年にジャレコが発売したアーケード用アクションゲーム。

同年12月21日にはファミリーコンピュータに移植されている。

ファミリーコンピュータ版は大型カードリッジの採用により、大型のキャラクターを動かしたり、シネマディスプレイと呼ばれるイベント映像が展開される。

ステージクリア型の横スクロールのアクションゲーム。

ゲーム開始時やステージクリア時に流れるシネマディスプレイが採用されている。

全11面でラウンド1を除く前半と後半に分かれたラウンドが存在し、最終ボスの「魔王マクマホン」を倒すのが目的。

各ラウンドに出現する中ボスが待ち構えており、倒すと前半ラウンドはクリアとなり、後半ラウンドでは大ボスが登場する。

見事大ボスを倒すとラウンドクリア。

残機制とライフ制を併用しており、体力が0になるか穴に落ちると残機が1つ減り、残機がなくなるとゲームオーバー。

スタートボタンを押すとコンティニューできる(何回でも可能)。

スペルがMP制となっており、魔法を使うときに使用する。

スペルを回復する方法は特定のアイテム1種類のみ。

記事の引用元はここをクリック

ザ・ロードオブキング(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ザ・ロードオブキング(最新無料動画はここをクリック)】