おたくの星座(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1991年7月31日
【発売元】 M&M
【メディア】 3メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム
【ストーリー】 本宮ひろ志
【キャラクターデザイン】 江口寿史
【シナリオ】 武田亨
【ディレクター】 てんまんしげのり
【プロデューサー】 武田亨
【ゲームデザイン】 永井努、きむらひでのり、JIM BOY
【プログラム】 あーぴーぱー
【サウンド】 笠井治、原田昌亮
【サウンド・ドライバー】 蓮谷通治

[csshop service=”rakuten” keyword=”おたくの星座 ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1991年7月31日にM&Mより発売されたファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲーム。

ストーリーを本宮ひろ志、キャラクターデザインを江口寿史が担当した。

遙か遠い未来。

女が世の中を席巻し、世の情けない男は「おたくちゃん」と蔑まれる時代となっていた。

社会は荒廃し、大地には凶暴な野獣が暴れる状況となった地球。

この惨状を見かねた女神マーヤは、女神の親衛隊「オーロラ五人娘」を地球に遣わすが、彼女らは野獣を操りおたくちゃんをいじめるようになり、おたくちゃんは一層卑屈となっていく。

こうした状況に熱く燃え上がる一人の男がいた。

世の女に「本物の男」という物をみせるために、彼は旅立つのである。

記事の引用元はここをクリック

おたくの星座(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【おたくの星座(最新無料動画はここをクリック)】