SDガンダムワールド ガチャポン戦士4 ニュータイプストーリー(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1991年12月21日
【発売元】 ユタカ
【価格】 8,500円
【ジャンル】 シミュレーションゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”SDガンダムワールド ガチャポン戦士4″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

SDガンダムのウォーシミュレーションゲーム第4作。

SDガンダムワールドの、アクション要素が取り除かれ戦略SLGとなった『ガチャポン戦士3 英雄戦記』の続編であり、新たに追加された一人プレイ専用の連続シナリオである『キャンペーン』と、従来通り1~2人で遊べる単体シナリオ『SDガンダム』、一人プレイ専用の単体シナリオ『SD戦国伝』『SD外伝』の計4つのシナリオモードから成る。

ノーマルはF91、戦国伝は天下統一編まで、外伝は円卓の騎士編までの作品が新たに参戦。

基本的なルールは一般的な戦略SLGで、フェーズ或いはターンの間に自軍のユニットを動かし、敵軍を撃破するというもの。

攻撃は敵ユニットのいるマスへ自軍ユニットを移動させる事で行われ、全ての敵ユニットを撃破するか敵の本拠地(ガチャポリス)を自軍ユニットで占領する事で勝利となる。

シナリオモードとは別にキャンペーンモードを搭載。『機動戦士ガンダム』から『逆襲のシャア』までの原作アニメの各場面を再現した全35ステージを順にクリアしていくもので、パイロットのレベルなどが継承されていく。

当時のガンダムのシミュレーションゲームは対戦を主眼においているものが多く、原作のストーリーを追っていくシミュレーションゲームは珍しかった。

見た目こそ前作から変化していないものの、部隊運用やコマンドバトルの変更により別物と言えるシステムに仕上がった。ファミコン時代の戦略SLGとしてはそれなりで魅力もあり、プレイヤー対戦を除けば十分に楽しめる完成度を持つ。

本格的な戦略SLGには遠いものの、ガンダムゲーの後続の礎となった作品の一つと言える。

記事の引用元はここをクリック

SDガンダムワールド ガチャポン戦士4 ニュータイプストーリー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【SDガンダムワールド ガチャポン戦士4 ニュータイプストーリー(最新無料動画はここをクリック)】