スーパーマリオUSA(ファミリーコンピュータ)

【発売日】 1992年9月14日
【発売元】 任天堂
【価格】 4,900円
【メディア】 2メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム
【エグゼクティブプロデューサー】 山内溥
【プロデューサー】 宮本茂
【ディレクター】 田邊賢輔
【アシスタントディレクター】 紺野秀樹
【キャラクターデザイン】 杉山直
【タイトル】 清水一伸
【コース設計】 田邊賢輔、山田洋一、紺野秀樹
【モーションデザイナー】 手塚卓志、小田部羊一
【プログラマー】 中郷俊彦、竹谷康範、岩脇敏夫、森田和明、たかくらたつのり
【音楽】 近藤浩治

[csshop service=”rakuten” keyword=”スーパーマリオUSA ファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

本作はマリオシリーズの1作だが成立までの経緯が少々特殊な作品で、かつてフジテレビが主催した万博風イベント『コミュニケーションカーニバル 夢工場’87』の宣伝のために任天堂とのタイアップで制作され、1987年に発売されたディスクシステム用アクションゲーム『夢工場ドキドキパニック』を原作とし、マリオシリーズのキャラクターに置き換えたキャラ替え移植版にあたる。

『スーパーマリオブラザーズ』の開発スタッフによる作品で、プロデューサーの宮本茂、音楽の近藤浩治を始めとしてスタッフが共通している。

引っこ抜いて投げつけるアクション。

本作ではマリオシリーズの定番である「ジャンプで踏みつけて倒す」というアクションが出来ない。

そのため敵の上に乗っただけではダメージを与えられない。

しかしザコ敵や地面に置かれたブロック、地中に埋まった野菜の上でBボタンを押すことで対象物を持ち上げる(引き抜く)ことができ、再びBボタンを押せば投げつけることができる。

操作キャラはマリオ、ルイージ、ピーチ姫、キノピオの4人。

平均的な能力のマリオ、ジャンプ力が高いルイージ、空中浮遊が可能なピーチ、ものをすぐに持ち上げられるキノピオとそれぞれ性能差があるため、ステージやプレイスタイルによって使い分けることで有利にゲームを進められる。

ピーチ姫の空中浮遊、ルイージの空中バタバタ足といった後のマリオシリーズの定番はここから誕生した。

特にピーチ姫は本作の野菜引っこ抜き攻撃がスマッシュブラザーズシリーズの必殺技として採用されている。

逆輸入の要素がここまで個性に入ってくるのは珍しい。

マリオシリーズとは別物のゲームが原作だけに、アクションや雰囲気はシリーズの中でもかなり毛色が異なる異色作であるが、開発スタッフがマリオシリーズと共通しているだけに、アクションゲームとしては良質で骨太な出来栄えになっている。

いつものマリオと異なる新鮮な感覚で楽しむことができるだろう。

記事の引用元はここをクリック

スーパーマリオUSA(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【スーパーマリオUSA(最新無料動画はここをクリック)】