ダンジョンマスター(スーパーファミコン)

【発売日】 1991年12月20日
【発売元】 ビクターエンタテインメント
【メディア】 8メガビットロムカセット
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ダンジョンマスター スーパーファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

アメリカ合衆国の Software Heaven社 (en) のゲーム開発部門 FTL Games社 (en) が1987年に開発したコンピュータRPGと、それを原作としてメディアミックスで製作された作品群の総称である。

日本においてはビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)によって日本語版がパソコン各機種やスーパーファミコン等の家庭用ゲーム機に移植された(ただし、移植時点での誤訳も少なくない)。

3DダンジョンRPGの画面構成だが、ダンジョンの探索・戦闘・休息などといった、ゲーム内のあらゆる行動において時間が常時経過しており、その時間経過がプレイに影響を及ぼすアクションゲーム的な面も持つ。

スーパーファミコン版はグラフィックが一新、各所で音楽が鳴る、最下層で完成した炎の杖を持たずに戻る階段がない、などの変更点がある。

8MBある容量の内、実に2MBをサウンドに使用しており、音の良さではSFCでも上位に入る。

特に効果音の怖さはシリーズでも屈指。

バグフィクスされた後期ロムには、ダンジョン入り口に「炎の杖」を持っていくとゲームがフリーズするバグが新たにあった。

このバグは、セーブデータまで破壊されてしまうという致命的なものだった。

記事の引用元はここをクリック

ダンジョンマスター(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ダンジョンマスター(最新無料動画はここをクリック)】