レミングス2(スーパーファミコン)

【発売日】 1994年8月12日
【発売元】 サンソフト
【価格】  9,800円
【メディア】 16メガビットロムカセット
【ジャンル】 パズルゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”レミングス2 スーパーファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

世界的に有名なアクションパズル『レミングス』の第2弾。

今作では大幅にストーリーの追加、仕様の変化などがありハードルが高くなった。

小さい姿ながらも何をやっているかすぐ分かるくらいにピョコピョコと動いてくれる。

前作では文に意味は無かったが、今作では3段階評価がなされ全ステージで最高評価を取る事が目的である。

指示が8種類から49種類(amiga、MD版は51種類)に増えた。

まずこのゲームを見た大抵の人の反応は 「レミングスじゃない」。

前作であった一匹を犠牲にして大勢を助けると言ったハードさや、出現レートを操作する戦略性が無くなったなどの理由が主に挙げられる。

初代は結構クセが強いゲームだったが、まだ間口は広かった。

だが今作では初心者お断りと言わんばかりの問題が多く、手放しで薦められる物ではない。

しかしルールを理解すれば名作の続編に恥じない面白さがあるため、このゲームの仕組みを理解する前に投げないかが一番の壁かもしれない。

記事の引用元はここをクリック

レミングス2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【レミングス2(最新無料動画はここをクリック)】