クロックタワー(スーパーファミコン)

【発売日】 1995年9月14日
【発売元】 ヒューマン
【価格】 11,400円
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

【中古】スーパーファミコンソフト クロックタワー

【中古】スーパーファミコンソフト クロックタワー
11,900 円 (税込) 送料込
発売日 1995/09/14 メーカー ヒューマン 型番 SHVC-P-AJEJ JAN 4959143600256 備考 正体不明の殺人鬼の住む館に招かれた主人公が、殺人鬼からひたすら逃げながら館からの脱出を図るゲーム。主人公はか弱い少女であり、敵に見つかればなす術が無く、まわりにあるもので対抗し..

【キャッシュレスで5%還元】【中古】クロック タワー スーパーファミコン 外箱いたみ

【キャッシュレスで5%還元】【中古】クロック タワー スーパーファミコン 外箱いたみ
11,889 円 (税込)
商品名【キャッシュレスで5%還元】【中古】クロック タワー スーパーファミコン 外箱いたみ商品状態 開封済みの中古品です。☆箱・説明書付き!※外箱に破れ・キズ・日焼けなどの傷みが見られます。(画像はイメージです。)※本商品は、製品の性質上、返品はお受けできませんの..

【キャッシュレスで5%還元】【中古】クロック タワー スーパーファミコン 外箱いたみ

【キャッシュレスで5%還元】【中古】クロック タワー スーパーファミコン 外箱いたみ
12,489 円 (税込) 送料込
商品名【キャッシュレスで5%還元】【中古】クロック タワー スーパーファミコン 外箱いたみ商品状態 開封済みの中古品です。☆箱・説明書付き!※外箱に破れ・キズ・日焼けなどの傷みが見られます。(画像はイメージです。)※本商品は、製品の性質上、返品はお受けできませんの..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要 (説明はWikipediaより)

海洋パニックアドベンチャーゲーム『セプテントリオン』を第1作とするシネマティックライブシリーズの完結編。

沈没船からの脱出劇を描く第1作目、火災に立ち向かう消防士達の戦いを描いたアクションゲームである2作目『ザ・ファイアーメン』に続く本作は、殺人鬼からの逃走劇を主軸にしたアドベンチャーゲームである。

ゲームデザイン・ディレクターは河合一二三。

本作はイタリアンホラー映画の巨匠、ダリオ・アルジェント監督のホラーサスペンス「フェノミナのオマージュとして制作されており、キャラクター設定や演出、音楽などの様々な要素を取り込みつつ、ゲーム独自のシステムや世界観として昇華させている。

一般的なホラーゲームが プレイヤー=主人公 、すなわち「恐怖の体感」を主軸としているのに対し、本作では ホラー映画の視聴者 という独特な視点から恐怖演出やゲーム性を構築しているのが大きな特徴で ホラー映画のヒロインを導いて助けてあげる というスタイルになっているところに大きな独自性がある。

間接的な操作方法が「ホラー映画を見ている」という独特な視点を演出し、間接的にしか指示を出せない「もどかしさ」が、ホラー映画さながらのスリルと恐怖、焦燥を生み出している。

全体的に薄暗くて独特な雰囲気のアートデザインや2Dグラフィックがどことなく洋ゲーチックであり、それがまた見事に洋画ホラー的な雰囲気を醸している。

視点が真横固定の2Dグラフィックなので臨場感には乏しいが、その分、『映画を見ている』という客観的視点が強調されていてゲームの世界観に入りこみやすい。

シザーマン以外にも敵や即死トラップが大量に配置されている。

調べただけで命を狙われるポイントも少なくなく、プレイヤーを常に恐怖感と緊張感に晒し続ける。

ひ弱なヒロインが主役、唐突な展開でわけもわからぬまま被害者がどんどん増えていく、詳しいシチュエーションや理論などの説明がほとんなされぬまま突っ走るストーリー、逃げ惑うだけのヒロインが最後には殺人鬼相手に逆転勝利を収めてしまう、など、B級ホラー映画のツボを押さえたお約束的要素がしっかりと盛り込まれている。

ホラー映画ファンならにやりとすることだろう。

本作で採用された「三人称視点で描写されたフィールド内のキャラクターに間接的に指示を与えることで操作し、調査を行う」というシステムは、海外において同システムを搭載したグラフィックアドベンチャーゲームの先駆作品として有名になった「King’s Quest」のシステムを取り入れたものである。

そこに「殺人鬼からの逃走劇」というホラー要素を加味することで、「どうあがいても太刀打ちできない敵に追われる恐怖」というオカルトホラーサスペンス映画さながらの焦燥感や恐怖感を、単純ながらも斬新なシステムと映画的演出に拘った独特の表現によって演出し、オカルトホラー映画の世界観をゲームで再現するという試みをSFCのハード的制限の中で見事に成功させた。

映像技術が発達しゲーム内に豪勢なムービーを盛り込めるようになった昨今の業界では「映画的ゲーム」という言葉がよく言われるが、ムービーすら入れられない時代、ハード性能の制約の中で、 「映画の視聴者目線」 という独特な視点で「映画」という要素をゲーム性そのものに結びつけた本作は、まさしく本質的な意味で「映画的ゲーム」と言えるだろう。

難易度は一般的なアドベンチャーとしてみれば比較的高めの部類に入るが、海外にてはこのタイプのゲームは試行錯誤しつつ手探りで謎を解いていき、グッドエンドを探り当てていくというプレイスタイルが一般的なので、エンディングに到達することだけを目的にせず、自分自身が主人公になったつもりで世界観や追われる恐怖を味わいながらじっくりと謎解きに取り組んでみよう。

記事の引用元はここをクリック

クロックタワー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【クロックタワー(最新無料動画はここをクリック)】