天地創造(スーパーファミコン)

【発売日】 1995年10月20日
【発売元】 エニックス
【価格】 11,800円
【メディア】 32メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded; Abuse Detected.

[csshop service=”rakuten” keyword=”天地創造 スーパーファミコン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

クインテットが開発した『ソウルブレイダー』・『ガイア幻想紀』とあわせて「ソウル三部作」と呼ばれる。

敵を倒し経験値を貯めることでレベルアップ、ライフや攻撃力ステータスが増加する。

ダッシュやジャンプのほか、物を持ったり投げたり押したりなどのアクションが可能。

目的そのものの壮大さもそうなのだが、この天地創造においてもっとも外すことのできない要素はその演出である。

各大陸の復活、植物の復活、獣の復活、それぞれSFCとしてはとてつもないクオリティのグラフィックとそれにマッチしたBGMによる演出が非常に秀逸。

文章では伝わりづらいのが残念。

同年発売ゲームに、長期にわたり話題を掻っ攫う『クロノ・トリガー』。

同時期発売に『バーチャファイター2』、『真・女神転生デビルサマナー』。その後間も無く『ドラゴンクエストVI』、『風来のシレン』が来た為悲しいほど隠れてしまったが、ARPGとしての完成度は高く間違いなく名作と呼べる出来であり、今でもファンが多い。

記事の引用元はここをクリック

天地創造(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【天地創造(最新無料動画はここをクリック)】