同級生2(スーパーファミコン)

【発売日】 1997年12月1日
【発売元】 バンプレスト
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=912536520209

概要 (説明はWikipediaより)

1995年1月31日にエルフから発売された、18禁の恋愛アドベンチャーゲームである。

1992年に発売された『同級生』の続編。

前作『同級生』に引き続き、シナリオ・ゲームデザインをエルフ社長である蛭田昌人、キャラクターデザイン・原画を竹井正樹が担当している。

本作は、前作以上にドラマ性が非常に強いゲームとして発売された。

それがユーザーに歓迎された反面、難易度が高くなった。

また、前作では一部の例外を除けば、全14人中11人までの複数ヒロインのシナリオを同時進行する「二股」展開が容易にできたのに対して、本作でのそれは全15人中9人までを綿密にスケジュールを組んで行動すれば可能であるが非常に困難であり、事実上一本道のゲームとなった。

SFCのソフト市場衰退のために一旦は発売未定となっていたが、その後に『ニンテンドウパワー』専用新作ソフト第1弾として発売された。

PS版と同じく全年齢対象だが、猥談調の台詞やPS版で削除されたCGが残されているなど、表現規制についてはPS版ほど厳しくはない。

PS版で追加されたCGの一部は採用されているが、追加イベントは採用されていない。

ヒロインに麻耶が追加された一方、美沙以外の年上ヒロインは全て攻略不可。

他のヒロインも、一部のイベントや会話に削除や改変が施されており、美沙以外のヒロインからは告白されることも無く、美沙へは主人公から告白することができない。

また、和服姿など登場頻度の少ない立ち絵が削除された上にセーブファイルが最大3つまでに制限され、有友・あきら・新幹線のテーマや桜子のオルゴール、セックスシーンや自室での曲など半数近くのBGMが削られている。

プロローグも2日分短くなり、1日あたりの文章量も削られたが、登下校のルートを毎回変更してそこに他機種では別の時間で行っていた会話を挟むなどして必要最低限の説明は行っている他、他機種では登場しなかった美里と愛美を登場させている。

バンプレスト最後のSFC用のゲームタイトルであった。

記事の引用元はここをクリック

同級生2(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【同級生2(最新無料動画はここをクリック)】