ライズ・オブ・ザ・ドラゴン(メガドライブ)

【発売日】 1992年9月25日
【発売元】 セガ
【開発元】 ゲームアーツ
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

[csshop service=”rakuten” keyword=”ライズ・オブ・ザ・ドラゴン メガ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年にシエラオンラインから発売されたサイバーパンク・アドベンチャーゲーム。

日本では1992年にメガCDで発売された。

なおメガCD版のキャスティングは青二プロダクションが担当した。

オン・スクリーン型のアドベンチャーゲーム。

一部アクションシーンもある。

画面にコマンドは表示されず、画面上のオブジェクトをカーソルで選択することで、そのオブジェクトに対応したアクションをとることができる(人物だと「話す」、アイテムだと「調べる」、扉だと「移動する」など)。

ゲーム中は常に時間が進行しており(何も操作しなくても勝手に時間が進むため、アドベンチャーゲームでは珍しくポーズができる。

また、プレイヤーが任意で時間を早送りすることもできる)、特定の時刻でしか発生しないイベントがある他、時間の経過に合わせてプレイヤーと関係なくイベントが進んだりする。

また、プレイヤーは睡眠も必要で、睡眠をとらないまま行動し続けていると、道端だろうが所構わず寝てしまう(この場合、起きると持っていたアイテムが減っているケースが多い)。

このゲームは、プレイヤーが不可解な行動を取って(服を着ないで外に出る、等)明示的にゲームオーバーになる他、「違うアイテムの使い方をした」、「会話で違う選択肢を選んだ」、「時間の経過でイベントを飛ばした」などで、気づかないうちにクリア不能な状態に陥るパターンが非常に多い。

その為、攻略法を知らずにクリアするのが非常に難しいゲームとなっている。

メガCD版は、フル音声になっているため、会話の選択肢など一部を除いて画面に一切メッセージは表示されない(アイテムの説明などは、主人公のモノローグで語られる)。

記事の引用元はここをクリック

ライズ・オブ・ザ・ドラゴン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ライズ・オブ・ザ・ドラゴン(最新無料動画はここをクリック)】