マーブルマッドネス(メガドライブ)

【発売日】 1993年8月13日
【発売元】 テンゲン
【開発元】 テンゲン
【メディア】 4メガビットロムカセット
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”マーブルマッドネス メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

自機のビー玉(マーブル)を操作しゴールを目指すクォータービューのゲーム。

操作はトラックボール(備え付けのボールを手で回転させて操作する物。

マウスをひっくり返して固定した物だと思えばいい)を使って行う。

サウンドは当時としては珍しいFM音源のステレオ演奏。

ゲームデザイン・企画は同社で『メジャー・ハボック』を手掛けたマーク・サーニー

クォータービューで描かれたマップ上で、重力にしたがって転がるボールをゴールまでたどり着かせればクリアとなる。

独特の操作感と、斬新なゲーム性。

トラックボールのみというあまり見ない操作系。

さらに慣性が効いているため、微妙な操作を要求される点も真新しい。

ステージはワイヤーフレームのようなシンプルな格子状を基本として表現されているが、それが逆にクォータービューと合わせスタイリッシュなものを感じさせる。

ボールの動きは、当時としてかなり緻密に描写されている。

複雑なコースを巧みに転がっているボールの様子は、見ているだけで楽しい。

さらに床に落下した時の割れる描写、各敵の動きややられる様なども、丁寧に描かれている。

進みやすい広い場所、逆にボールの直径とほぼ同じ狭い道、直角に曲がりくねるコース、斜めに降りる坂、途中分岐、ジャンプで越える谷間など、様々な要素で構成された各コース。

さらにこれに障害や敵が加わる。

またほとんどは降りていくコース構成だが、一部に上がっていくコースもある。

音もお洒落ならグラフィックやギミックもお洒落で、不思議な生き物が画面の中で活き活きとうねうね動く。

数少ない「トラックボールを生かしたゲーム」としては至極シンプルな楽しさを持ち、また側で見ていても楽しいゲームである。

メガドライブ版はパッドで操作する形式に変わってしまったが、引っくり返すとトラックボールになる「セガマウス」なる周辺機器を一緒に揃えると、一応トラックボールゲームとして遊べるようになる。

とはいっても、セガマウスは決して安くない(5,000円)。

今となってはアーケードで見かける機会は少ないのに、操作機器が特異であるが故、家庭用移植のハードルも高い事が本作の難点である。

記事の引用元はここをクリック

マーブルマッドネス(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【マーブルマッドネス(最新無料動画はここをクリック)】