幽☆遊☆白書 魔強統一戦(メガドライブ)

【発売日】 1994年9月30日
【発売元】 セガ
【開発元】 トレジャー
【価格】 8,800円
【メディア】 24メガビットロムカセット
【ジャンル】 格闘ゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”幽遊白書 メガドライブ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

元は冨樫義博の人気漫画。

本作はそれを元にした対戦格闘ゲームである。

開発は『ガンスターヒーローズ』で一躍有名になったトレジャーが担当。

何よりも特徴的なのは当時でも類を見ない、最大4人の多人数キャラクターが入り乱れる対戦格闘ゲームという点。

後に『ガーディアンヒーローズ』『BLEACH DS』に引き継がれる多人数対戦格闘ゲームの始祖ともいえる作品。

TVアニメ版が大ヒットしていた(以上に格闘ゲーム人気が最盛期だった)その時期に、SFC等よりもシェアが少ないMDで発売されたタイトルにも関わらず、細かいところまで手を抜かずに作る、トレジャーのポリシーを垣間見れる完成度の良作として世に送り出された。

同時期にナムコがSFCで発売した格ゲー版『幽☆遊☆白書2 格闘の章』の出来が平凡だった為、相対的にこのゲームの評価が高まったとも言える。

基本的には対戦格闘がベースであるのだが、当時の格闘ゲームにも類を見ない、非常に多彩なシステムが盛り込まれている。

最大の特徴は何と言ってもセガタップを用いた4人対戦が可能な点。

それだけにはとどまらず、爽快感を重視したシステムが多数盛り込まれているのが特徴。

登場キャラクターが多いにもかかわらず、対戦のキャラクターバランスは非常に優秀。

1対1の通常の対戦はもちろんのこと、多人数対戦でもバランスがしっかり練られているのは見事。

なにしろ強さの差どころか相性も感じない(多少やりこんだ程度では全く解らない程)。

好きなキャラや自分に合うキャラを使えばいい、と 最高の対戦バランス を誇る。(トレジャー自身も「奇跡」と評している)

一部にハメ技や永久コンボはあるが、対戦するのは友達なので禁止とするのも簡単。

バトルロイヤルではいろんな意味で継続できないだろうが。

操作が簡単で操作性も良いため、初めてでも少しプレイすれば十分戦えるようになる。

そして細かい操作テクやゲーム特有のコツというものが無いため、読みと思い切り次第で上級者に勝つのも十分ありえる。

連戦すれば上級者の方がしっかり多く勝つが。

キャラの必殺技も正しく原作準拠になっており、その再現度も高い。

キャラの動きも戦術も原作らしい。

仙水の「無限の霊力」を再現した異様な燃費の良さ、飛影の必殺技「邪王炎殺黒龍波」を自身が吸収できるなど、原作既読者ならうなずけるネタも取り入れている。

メガドライブ故に音質は良くないものの、アニメと全く同じ声優陣によるキャラボイスもゲームを盛り上げてくれる。

審判「小兎」による試合前後やコンティニュー時のカウント音声はまだしも、たった一言の為だけに変身前後の別声優ボイスで喋る蔵馬や幻海など、制作側の無駄なまでのこだわりを感じ取ることができる。

かなり野心的なシステムを多数盛り込みつつも、対戦格闘ゲームとしての完成度が高いのはもちろんのこと、それを多人数戦でもきっちりバランスを取っている稀有な作品であり、今に至っても色あせない出来栄え。

細かいところにまで気を抜かない、トレジャーらしい職人芸の光る逸品である。

版権問題の関係からかセガエイジスのトレジャーボックスにも入っておらず、VCでも出る見込みがほとんどないのが惜しまれる。

記事の引用元はここをクリック

幽☆遊☆白書 魔強統一戦(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【幽☆遊☆白書 魔強統一戦(最新無料動画はここをクリック)】