LUNAR エターナルブルー(メガドライブ)

【発売日】 1994年12月22日
【発売元】 ゲームアーツ
【開発元】 ゲームアーツ
【価格】 9,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 ロールプレイングゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ルナ エターナルブルー メガ” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

「メガCD最後の超大作」と銘打たれて発売されたLUNARシリーズの2作目。

そのキャッチコピーにたがわずMDでも最高レベルのRPGとの呼び声高く、今でも熱心なファンが存在する。

ビジュアルシーンを最大限駆使したイベント演出の高さ。

ビジュアルシーンの美麗さはMCDソフトの中でも最高級。

無論その内容もそれにふさわしく高レベルであり、声優陣の演技も相まって完成度が非常に高い。

声優陣も実力派ぞろいであり、その演技力の高さも特筆もの。

この時代のヒロインとしては珍しい感情変化に乏しいヒロインだが、シナリオの進行にしたがって少しずつ感情が芽生えてくる様子が事細かに描写されている。

シナリオの骨子は王道のボーイ・ミーツ・ガールから世界を救う物語ではあるが、奇をてらわず真摯に描写しておりプレイヤーの感情移入度も高い。

登場人物も非常に個性的でそれぞれのキャラも十分に立っており、各メンバーごとにしっかり見せ場も完備。

声優陣の熱演も相まってストーリーを盛り上げてくれる。

ボスもそれぞれのキャラクターが抱えるトラウマや葛藤を象徴しており、それに対することがエンディングへと繋がる辺りも凄い。

まさしくMCDユーザー必携のRPGといっても過言ではない作品。

細かいところまでこだわって作りこみを行っている姿勢は後の『グランディア』にも継承されている。

本作でレミーナ・オーサを演じた林原めぐみ氏は後にスレイヤーズのリナ・インバースを演じることになり知名度が大幅に向上することになるが、本人曰くレミーナ・オーサを演じた経験がリナ・インバースの演じ方に多大な影響を与えているとのこと。

記事の引用元はここをクリック

LUNAR エターナルブルー(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【LUNAR エターナルブルー(最新無料動画はここをクリック)】