遊遊人生(PCエンジン)

【発売日】 1988年4月22日
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン
【価格】 4,500円
【メディア】 2メガビットHuCARD
【ジャンル】 ボードゲーム

無料の動画を楽しみましょう♪(↓の画像をクリック!)

YouTube responded with an error: Access Not Configured. YouTube Data API has not been used in project 252849747422 before or it is disabled. Enable it by visiting https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/overview?project=252849747422 then retry. If you enabled this API recently, wait a few minutes for the action to propagate to our systems and retry.

概要 (説明はWikipediaより)

PCエンジン初期タイトルの1つで、同ハード初のボードゲームでもある。

ゲーム中のタイトルは「Victory Life 遊遊人生」と表記されている。

ゲームタイトルこそ違うがれっきとした「人生ゲーム」の公認作であり、クレジットにもタカラ(現:タカラトミー)のライセンス表記がされている。

タカラ自身が家庭用ゲーム機の人生ゲームをリリースするのは本作の3年後の『人生ゲーム伝説』(ゲームボーイ)であり、その後はスーパーファミコンを筆頭に本格的なシリーズ化がされていく。

すなわち本作は事実上の人生ゲーム初の家庭用ゲームソフトデビュー作であり、人生ゲームシリーズにおけるルーツ的な存在に位置する。

1人~5人までの対戦プレイが可能。

1983年にて発売されたボードゲーム版人生ゲーム(通算3代目と呼ばれる存在)がベースとなっている。

原作版人生ゲームの面白さがそのまま再現されたゲームなので、もちろん(当時の基準で見れば)パーティソフトとしての楽しさは折り紙つきだった。

PCEも含め、当時はこういったボードゲーム自体が家庭用ゲームでプレイできる機会がほぼ無かったので、本作の存在価値はかなり高かった。

実際、当時の中古ソフト市場で本作の価格がなかなか値下げされなかったのが、人気の高さを物語っていた。

まだまだソフトに恵まれなかったPCEに貢献したソフトとして当初から評価されていた一作であり、後に『スーパー桃太郎電鉄(1と2)』がリリースされるまでは、PCE定番のボードゲームとして支持されていた。

記事の引用元はここをクリック

遊遊人生(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【遊遊人生(最新無料動画はここをクリック)】