GALAXY刑事 ガイバン(PCエンジン)

【発売日】 1993年10月29日
【発売元】 インテック
【開発元】 フィル・イン・カフェ
【価格】 7,800円
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”GALAXY刑事 ガイバン” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1993年にインテックがPCエンジンにてリリースした横アクションゲーム。

開発はギャル対戦格闘の走りである『あすか120%シリーズ』などで有名なフィル・イン・カフェが担当。

現・スタジオ最前線代表近藤敏信氏の貴重な初期作品。(企画、キャラクターデザイン)

宇宙征服を企む悪の秘密結社「バラス」から地球を守る為、銀河警察地球分署に所属する2人の刑事が戦いに挑むというストーリー設定。

余談だが、本作はあのPCEの傑作『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』と発売日と定価が同じで、横スクロールアクションな点も共通している。

但し、ゲーム性や世界観などに関しては完全に別物だが。

メインモードは二人同時プレイが可能、それに加え、おまけの二人対戦プレイも存在する。

メインは全7ステージ構成、オプション項目にて三段階の難易度調整が可能。

明らかに某宇宙刑事なんとかをモロに意識している設定。

「かなり直球なゲームタイトル」「変身における”焼着”」「宇宙出身の刑事が悪の秘密結社を倒す」というストーリー設定からして色々と著作権的なヤバさがにじみ出ている。

作中でも孫悟空にソックリな怪人に向かってミッチが「オリジナリティの欠片もないわね!」と言った後ろでガイバンが「耳が痛いセリフだ」とボソッと呟いている。

PCEというハードは、本当泣ける位にベルトスクロールアクションというジャンルのソフトに恵まれておらず、そういう意味では本作は貴重な同ジャンルにあたる。

イベントシーンは完全フルボイス。

これも裏技でボイステストや全イベント鑑賞が可能。

はっきりいってゲームとしては「ゲームバランスと操作性が悪く、ゲームとしても地味すぎて見所が薄い」という声が多く、その評判はあまりいい物ではない。

ストーリー及びイベント関連に関しても、良く言えばさっぱりとおバカテイストを味わえる。

悪く言えば味が薄く面白みに欠けるともいえる。

記事の引用元はここをクリック

GALAXY刑事 ガイバン(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【GALAXY刑事 ガイバン(最新無料動画はここをクリック)】