ボンバーマン’94(PCエンジン)

【発売日】 1993年12月10日
【発売元】 ハドソン
【開発元】 ハドソン
【価格】 6,800円
【メディア】 8メガビットHuCARD
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”ボンバーマン 94″ sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

PCエンジンで発売されたアクションゲームとしてのボンバーマンシリーズの最終作。

シリーズお馴染みの敵「バグラー(外見は現在と若干異なる)」、仲間の「ルーイ」の初登場作品である。

最終作だけあり、後々のシリーズで共通となる世界観が確立されたため、限りなく完成型に近づいた作品ともいえよう。

前作・前々作に存在したPCEGT用のVSモードとロードが削除され、ノーマルモード・バトルモード・パスワードの3つに簡略された。

ノーマルモードはエリアは5+αで全20ステージ。

森林地帯が舞台のモリモリの森。

火山地帯が舞台のアチアチの山。

海底が舞台のブクブクの海。

停電した城が舞台のクラクラ城。

雪原地帯が舞台のユキユキランドに黒幕、バグラーの居るファイナルステージの全6エリア構成。

今までのように敵を全て倒すのではなく、配置されている「コアメカ」を全て破壊することで出口が開放されるようになった。

登場するルーイは、ボンバー星に生息するボンバーマンと仲の良い動物という設定で、グリーンルーイ(ダッシュ)、パープルルーイ(ジャンプ)、ブルールーイ(ボムパント:ボムを数歩先に蹴り飛ばせる)、イエロールーイ(ブロックキック:ソフトブロックだけだが自分の前にあるブロックを押し出せる)、ピンクルーイ(ダンス:無意味)とそれぞれ得意技を持っている。

5人まで同時対戦が可能は今まで通りだが、対戦時には外見の異なる9人のボンバーマン。

通称「ボンバーマンファミリー」から好きなのを選べる。

タッグマッチも可能で2チームに分かれて戦う。人数の振り分けも自由で1対4の変則マッチも可能。

バトルステージが10に増加、更に仕掛けが前作のように使い回しのものではなくなっている。

前作に登場した通常面や爆弾やボンバーマンを流してしまうベルトコンベアーやワープホールは勿論、全員がいきなりフルパワーの状態で始まったり、ドクロアイテムの「駿足病」並みの超移動スピードで戦ったり、障害物で視界の悪かったりとバリエーションが豊富。

『スーパーボンバーマン3』の前身とも言える作品。

丁寧に作られた良作で今でもじゅうぶん楽しめる。

記事の引用元はここをクリック

ボンバーマン’94(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【ボンバーマン’94(最新無料動画はここをクリック)】