チキチキボーイズ(PCエンジン)

【発売日】 1994年7月15日
【発売元】 NECアベニュー
【開発元】 フライト・プラン
【メディア】 CD-ROM
【ジャンル】 アクションゲーム

YouTube responded with an error: Daily Limit Exceeded. The quota will be reset at midnight Pacific Time (PT). You may monitor your quota usage and adjust limits in the API Console: https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/quotas?project=252849747422

[csshop service=”rakuten” keyword=”チキチキボーイズ PC” sort=”-sales” pagesize=”3″ mode=”embed”]

概要 (説明はWikipediaより)

1990年にカプコンから発売されたコミカルなアクションゲーム。

『ワンダーボーイモンスターワールド』のフォロワー的な作品で、プレイヤーは剣術が得意な兄、または魔法が得意な弟となり、王国の復興を目標にロエピー大王の討伐に向かうという内容。

コミカルな世界観やキャラクター達には、ファンも多い。

攻撃ボタンを連打し続けると、剣から短距離の衝撃波が出る様になる。

魔法ボタンを押すと、いわゆるボンバーに相当する全体攻撃魔法が発動する。

前半ステージをクリアする毎に使用可能な魔法が増えていき、道中の魔法アイテムで任意で変更可能になる。

本作は剣と魔法のファンタジー物というだけあって、世界観は勿論、登場するキャラクター達も敵・味方問わずコミカルである。

プレイヤーキャラクターである主人公兄弟は覆面を着けており、如何にもヒーロー然としている。

二人の冒険を見守るキャラクター達は、緑髪のお姫様を初め、山羊の科学者、二人の人魚を従者にしている海の世界の王様、敵キャラクター達はお豆の武道家、体と尻尾に『毒』の文字が記されている巨大な蠍、マントの下はパンツ一丁のドラキュラ、下半身がキャタピラになっている工事ロボット等、ユニークでコミカルなキャラクター達が勢揃いしている。

難易度はやや高めだが、コミカルな世界観やキャラクター達、BGM等にはファンも多い。

『ワンダーボーイモンスターワールド』のフォロワー的な作品ではあるが、カプコンならではの丁寧な作りであり、やりがいもある。

PCエンジン版はの開発は後にサモンナイトシリーズを手掛ける事になるフライト・プラン。

ほぼAC版に近い内容。

グラフィックこそ若干チープになっているものの、BGMはCD媒体での発売という事もあってかアレンジ版が使用されている。

記事の引用元はここをクリック

チキチキボーイズ(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【チキチキボーイズ(最新無料動画はここをクリック)】